大河ドラマ「西郷どん」“薩摩ことば指導” が決定!

西郷(せご)どん

2018年1月7日(日)放送スタート

迫田孝也

迫田孝也さん
1977年、鹿児島県生まれ。舞台・映像・バラエティーなど幅広く活躍中。昨年、大河ドラマ「真田丸」での熱演が話題を呼ぶ。現在、「ごごナマ」月・木曜日の午後3時台に出演中。

<迫田孝也さんコメント>
かごんま出身の迫田孝也の新たなる挑戦じゃ!
地元の鹿児島は勿論もちろんじゃっどん、全国も一緒に盛り上げていっでな!!
皆様、「西郷どん」の始まりを楽しみにしちょってくいやんせ!

※NHK-FMで鹿児島県域放送する「夏休み 子ども“西郷どん”電話相談」にも出演します。
【放送予定】8月27日(日)[NHK-FM]後2:00~4:00 <生放送>

▶詳しくはこちら

田上晃吉

田上晃吉さん
1982年生まれ、鹿児島県出身。大河ドラマに多く出演。「篤姫」では薩摩藩士・有村雄助を演じた。「龍馬伝」では方言指導も行う。近年は、時代劇だけでなく、ドラマ・舞台・CM 等、幅広く活躍中。

<田上晃吉さんコメント>
大河ドラマ「西郷どん」の方言指導という大役をいただき本当にうれしく光栄です。古き良き故郷の言葉を大切にしつつ「全国の方に伝わるきた方言を!」をモットーにご指導出来るよう努めておりますので、ぜひ薩摩ことばにも注目して楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いいたしもす。

西郷どんと歩む 二人の“薩摩ことば隼人” 制作統括・櫻井 賢

昨年の秋。ある食事会で迫田孝也さんと偶然お会いし、迫田さんが鹿児島出身であることを初めて知りました。そのとき、俳優仲間に愛される迫田さんの人柄に触れ、私はひらめいてしまいました。「この方に薩摩ことば指導をお願いしたい」と。
ドラマの方言は、土地の魅力を表現する大きな武器である一方、俳優にとって表現の自由を奪うものです。オファーを快諾してくださった迫田さんは、田上晃吉さんとタッグを組み、慣れない言葉と格闘する俳優チームに寄り添い、“生きた薩摩ことば”があふれる熱い現場を育んでくださっています。二人の薩摩隼人と出演者の絆が、日本の日曜よる8時に“薩摩ことば旋風”を巻き起こします!

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷せごどん」

【放送予定】2018年1月7日スタート(全50回)

【原作】林真理子

【脚本】中園ミホ

【音楽】富貴晴美

【主演】鈴木亮平

【制作統括】櫻井 賢、櫻井壮一

【プロデューサー】小西千栄子

【演出】野田雄介、盆子原 誠、岡田 健

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事