倉科カナ主演
志賀直哉が描いた「生と死」をモチーフとした物語

兵庫発地域ドラマ「あったまるユートピア」

【放送予定】平成30年1月24日(水)[BSプレミアム]後10:00

舞台は志賀直哉が『城の崎にて』を執筆した名湯・城崎温泉がある兵庫県豊岡市。
志賀直哉の「生と死」の文学をモチーフに、世の中に生きづらさを感じる3人の女性たちが「自分の居場所」を見つける物語です。

“アートによる地方創生”を目指す豊岡市、城崎国際アートセンターと協力して、世界で活躍するアーティストもドラマに参加。“新しい表現”に挑戦します!

主演・鷹宮伊織たかみや いおり 役 倉科カナ

神戸で生まれ育つ。阪神・淡路大震災のときは8歳。高校時代は小説家を夢見ていたが、なんとなく諦めて銀行に就職。それも続かず豊岡に移り住み、かばん職人を養成する学校に通う。あの日、かけがえのないものを失った。そしてまた…。

<倉科カナ>
1987年、熊本県生まれ。2009年、連続テレビ小説「ウェルかめ」ヒロイン。近年ではドラマ「刑事7人」「カインとアベル」などに出演。2017年、ドラマ「奪い愛、冬」で主演、映画『3月のライオン』に出演。


出演にあたって 倉科カナさん
自分なりに作品のテーマと向き合いながら、主人公・伊織を通して、私の中にもある自分の居場所とは? 本当にどこにあるのか? という思いを表現できたらと思います。そして、作品との出会いに感謝し頑張りたいと思っています。

主演決定にあたって 制作統括・京田光広
志賀直哉が描いた“生と死は表裏一体である”という世界は、いつ自分や大切な人を襲うかもしれない自然災害などの災厄とも重なります。去年、倉科さんの故郷は熊本地震に襲われました。倉科さんには自らの思いも重ねながら主人公・伊織を演じていただきたいと思います。

城殿 蓮しろとの れん 役 堀 春菜

城崎温泉の旅館の一人娘。高校を卒業したら東京に出て、演劇の世界に入ることを夢見ている。「田舎で演劇なんて恥ずかしい」と思っていたが、演劇部の公演の脚本・主演を任されてしまう。なんとか書き上げた作品にはある秘密があった…。

<堀 春菜>
1997年、神奈川県生まれ。2014年、デビューの映画『ガンバレとかうるせぇ』が国内外の映画祭で数々の賞を受賞。インディーズ映画の若きミューズと称される。

ララ 役 アヤカ・ウィルソン

世界的なダンサーの夫・ラースと一緒に城崎国際アートセンターへやってきた女性。夫とともに世界を旅する日々。どこへ行っても自分の居場所ではない感覚。故郷の国はいま悲劇的な状況に置かれていた…。

<アヤカ・ウィルソン>
1997年、カナダ生まれ。3歳からモデルとして活躍。2008年、映画『パコと魔法の絵本』で主演デビュー。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

勝岡遊人かつおか ゆうと 役 渡部豪太

城崎の魚屋の一人息子で蓮の恋人。世界中を放浪して帰ってきた故郷を愛する男。ララのガイドとして一緒に城崎を回るなかで、悩む彼女の背中を押す重要な人物。

<渡部豪太>
1986年、茨城県生まれ。来年の大河ドラマ「西郷どん」では西郷吉二郎役で出演決定。Eテレ「ふるカフェ系 ハルさんの休日」主演。独特な空気感でドラマ、映画、舞台で活躍。

兵庫発地域ドラマ「あったまるユートピア」

【放送予定】平成30年1月24日(水)[BSプレミアム]後10:00

【脚本】渡部亮平(ドラマ「時をかける少女」、映画『3月のライオン』)

【制作統括】京田光広
【演出】酒井 悠

★城崎温泉怪談祭「城崎怪団」……“アートによる地方創生”を目指す豊岡市の施設・城崎国際アートセンターと旅館の若旦那が中心となって実施するホラーイベント。劇作家で「五反田団」主宰の前田司郎さんが企画・監修。

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事