哀川 翔、吉本実憂も大興奮 
9月18日の放送を見逃すな!

あっぱれロボコン!ABUロボコン 東京大会

9月18日(月・祝)[総合]前10:05~10:59

世界一の栄冠を勝ち取るのは果たして!?

ことしで16回目となる「ABUロボコン」(ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト)が8年ぶりに日本で開催! 8月27日(日)、世界中の若きエンジニアが東京に集結しました。ことしは、過去最多の18の国と地域から選ばれた19チームが参加。学生たちが手作りロボットでフライングディスクを投げ、得点を競う大会に挑みました。予測不可能なディスクの飛ばし合いに会場は大興奮!

放送では、世界中を熱くした名勝負の数々と、熱いドラマの舞台裏をお伝えします。

大会直後、大会の進行を務めた俳優の哀川 翔さんと吉本実憂さんにお話を伺いました!

哀川 翔さん
これまでテレビで見ていたときもすごいなと思っていたけど、実際会場に来て、この空気感の中で試合を見ていくと、興奮するね!
目には見えないけど、ロボットを愛する心がぶつかっているというか、そういう空気が会場に漂っていました。すばらしいと思ったのは、対戦相手への激励があるということ。戦って勝敗はつくんだけど、互いに健闘をたたえる感じがいい。
若い学生たちがひとつのことにムキになるって、いいですよね。大人になるとだんだんムキにならなくなると思うので。冷静にむちゃくちゃムキになるところがいい。
通常ならあきらめようと思うところをあきらめないで攻めていくっていう、あの気持ちは生きるために必要だなと思ったし、最後まであきらめちゃいけないっていう、大事なことを教わりました。

吉本実憂さん
「ああ、これが世界大会なんだ」と感じました。国の代表としての選手の皆さんの熱が伝わってきたのはもちろんのこと、応援団の皆さんも遠方からかけつけて大きな声で応援していましたね。メンバーのチームワークも感じられて、試合も終始どきどきして、たくさん鳥肌がたちました。本当に楽しかったです。何が起きるか分からない試合ってこういうことなんだと思いました。

「あっぱれロボコン!ABUロボコン 東京大会」

【放送予定】9月18日(月・祝)[総合]前10:05~10:59

【出演】哀川 翔(ロボコン応援団長)、吉本実憂(ロボコン応援リーダー)
【司会】魚住 優(NHKアナウンサー)
【実況】高山哲哉(NHKアナウンサー)
【解説】田所 諭(東北大学大学院 教授)

※ABUロボコンとは?……ABUに加盟する国・地域の学生たちが、大会ごとに決められた課題に沿ってロボットを手作りし、競技を通じて、その技術と独創力を競い合うロボットコンテスト。

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事