“孤高のイス・スコップさん”役の甲斐よしひろインタビュー!

みいつけた!

10月3日(火)、10月6日(金)[Eテレ]前7:45
毎週月~金[Eテレ]前7:45/再放送 後4:45 放送中!

「みいつけた!」の10月第1週は、豪華ゲストが登場するスペシャルウィーク!
イスのコッシー、スイちゃん、サボさんなどのキャラクターでおなじみのこの番組。これまでも、トータス松本さん、DAIGOさん、森山直太朗さん、山崎まさよしさんなど、著名ミュージシャンたちが“イス”として登場してきました。
そして10月3日(火)、6日(金)には、日本のロックシーンをけん引し続ける甲斐よしひろさんが、「みいつけた!」のアニメーション「いすのまちのコッシー」に“孤高のイス・スコップさん”役(声の出演)で初登場します!
今回は、そんな甲斐さんにインタビュー。スコップさんや劇中歌などの裏話を教えてくださいました!

チャールズ・ブロンソンをイメージしています

──今回“イス”としてのご出演ですが、番組からオファーがきたときの感想を教えてください。

同じいすのまちのキャラクター「ダンせんぱい」を演じるぐっさん(山口智充)は食事を共にする関係だし、「コッシー」役のサバンナ高橋(茂雄)くんも以前からの知り合いなので、親近感もあり番組はよく見てました。だからオファーがあったときは「えっ、僕でいいの」と思いつつ、「いいんです」と自分でつぶやき、うれしい気持ちになりました。

──強面だけどあたたかいキャラクター「スコップさん」の役作り、演じるうえで工夫したことなどありましたらお聞かせください。

番組からのキャラクターの説明が明快だったので、やりやすかったです。ただ、演じることの経験値が低いので、役を深く理解できているのかわからず、現場でつかんでいった感じです。その分、怖さもなく楽しめました。やってることは番組を見ればわかると思いますが、チャールズ・ブロンソン(※1)です。

(※1)西部劇を中心とした野性味が魅力のアメリカの俳優。

宝堀りにでかけたコッシーは、たったひとりで海賊の宝を探し続ける「スコップさん」と出会います。

生きてりゃ傷はつくもんだ

──劇中では、宝堀りに出かけたコッシーと出会うスコップさんですが、スコップさんはそこで『宝堀りの歌』を披露するんですよね!

『宝堀りの歌』は僕のオリジナル曲です。このお話をいただいてから、番組アートディレクションの大塚いちお氏とある晩、食事をしていて「そうか、コーエン兄弟(※2)の映画『オー・ブラザー!』(※3)をやればいいんだ」とふと思いつきました。この曲からは、一生なにかに捕らわれている人の、はかなくも美しいアウトローのにおいがすると思います。

(※2)巧みなストーリーに、ち密な芸術性を両立させる作品を生み出してきた兄弟監督。
(※3)コーエン兄弟制作、ジョージ・クルーニー主演の痛快コメディー。

コッシーとスコップさんの宝堀りは一体どうなる!?

──ストーリーの見どころを教えてください!

「おまえらずっと新品のイスでいるつもりか? 生きてりゃ傷はつくもんだ」。こわもてのスコップさんのこのセリフがすべてです。イスの子どもたちと絡みつつ、哲学的な深さと欲深さがあいまみえている。宝を探し続ける孤高のイスで、ちょいワルだけどあったかいキャラ。興味深いストーリーです。笑えます。

甲斐さん、とってもすてきなお話をありがとうございました! スコップさんの登場は、10月3日(火)、6日(金)ですよ。皆さんお見逃しなく!

サボ子カラーの巨大けん玉も登場!

さらに、10月6日(金)は、昨年、紅白歌合戦に出場し、歌とけん玉を披露し話題となった演歌歌手の三山ひろしさんも登場します。その歌声はもちろん、けん玉さばきにも注目です!

左から、コッシー、スイちゃん、三山ひろしさん。サボ子。三山さんはサボ子カラーの緑の巨大けん玉で技を披露します!

「みいつけた!」スペシャルウイークは必見ですよ♪

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事