偉人の生活をまねして健康に? 関根 勤インタビュー!

偉人たちの健康診断

10月4日(水)スタート
毎週水曜 [BSプレミアム]後8:00

歴史上の偉人たちの健康面に注目して、元気に生きるためのヒントを探る「偉人たちの健康診断」が10月4日(水)より、レギュラー放送が決定!

そこで、番組にレギュラー出演する関根 勤さんにインタビューしてきました。印象に残っているエピソードや、実践している健康法を伺ってきましたよ♪

健康法を知って、日常生活で戦国武将の気分に!

──「偉人たちの健康診断」の魅力は、どんなところでしょうか?

徳川家康や豊臣秀吉など誰もが知る武将が「一体どんな病気を患っていたのか?」という観点から掘り下げていくところですね。たとえば、武田信玄はとても温泉を愛していて、刀傷を温泉で癒やしたとか……。

歴史背景を知っていると、温泉に入るときに「いま自分は武田信玄と同じ健康法を試しているんだ!」とか、食事のときに「徳川家康もこうやって味噌を食べて、天下を取ったんだ!」と、より効き目があるような気分になりますね(笑)。歴史が好きな人にはたまらないと思います。

彼らが実践していた健康法を知れるのはもちろん、昔からおこなわれた健康法が現代にも続いていることも教えてもらえる。歴史を学べて、しかも健康になれるなんて、おトクな番組ですね!

──特に印象に残っている健康法はありますか?

「織田信長は日常的に歩いていた」というお話ですね。というのも、安土城は6階建てなので、天守閣に行くために毎日階段を昇り降りしていたそうです。いつまでも健康で活躍するには、“歩くことが大事”ということを知るきっかけになりました。ただ「健康のために歩こう」というより、「よし、今日は信長と同じスタイルで行こう!」と思いながら歩いたほうが楽しいんですよ! 最近、早歩きが健康に良いと知ったので、普段からなるべく早く歩くようにしていますね。

自宅で階段を登るときには、まず普通に登ってから、一度降りて今度は一段とばしで登り直すということも実践しています。番組では偉人たちの健康法を紹介するだけでなく、こうして日常生活への取り入れ方まで教えてくれるところが良いですね。

昔は階段の昇り降りが大変……。しかし、実は健康と関係していたんです!

関根さんが、いま一番知りたい健康法とは?

──番組で取り上げた偉人で、イメージが変わった人物はいますか?

織田信長が “かんしゃく持ちだった”というエピソードですね。たしかに怒りっぽいイメージはあったのですが、それが原因で健康を害していたという話は意外でした。しかも、最後には本能寺の変で部下に裏切られてしまって……。やっぱり、いつも怒ってばかりで好き放題していちゃ駄目だと改めて思いました。もし癇癪持ちさえなければ、天下を取れたかもしれないのに! 健康法だけでなく、そういった反面教師的な発見もありますね。

また、夏目漱石のイメージも変わりました。比較的ひょうひょうと生きていたイメージがあったのですが、実は日本政府に翻弄される人生にとても悩んでいたんです。最終的には猫のおかげで健康になったんだとか。私も以前飼っていた愛犬に癒やされていたので、とても共感できました。番組では、そういった精神面の健康に関する話題も取り上げて勉強になります。

──今後、取り上げてほしい偉人や健康法はありますか?

私には、「芸人として、いつまでも皆さんに笑いを届けたい」という目標があるんです。最後の1日まで元気に過ごし、ある日ポックリと亡くなるのが、理想的な人生の終え方ですね。さらにいうと、最後のときを事前に悟れるなら、漁船で海に出て、心臓が止まった瞬間に海に落ちてサメに食べられて、命の循環に入るという詳細なプランがあるのですが(笑)。それはさておき……。

最後まで元気に生きていたいので、そんな人生を送った偉人がいれば、ぜひその秘けつを知りたいですね! 

──レギュラー放送で初めて番組を見る方にメッセージをお願いします!

番組を見ていると、「いつまでも健康でいたい」という願いは今も昔も変わらないんだなと思います。歴史を学びながら、一緒に健康になりましょう!

第3回は貝原益軒の健康食「がめ煮」が登場!

10月4日(水)の初回放送では、戦国時代のヒーロー・織田信長をとりあげます。文献や肖像画、身につけた鎧などをもとに、信長の身長を割り出し、日常生活で実践していた健康法も合わせてご紹介!

歴史を学びながら健康になれる「偉人たちの健康診断」を、どうぞお楽しみに!

<今後のラインナップ>
10月11日(水)我が輩は“健康ヲタク”である 文豪・夏目漱石
10月18日(水)「養生訓」江戸の健康名人・貝原益軒ホントの教え

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事