「直虎を支えてくれてありがとうございました!」
柴咲コウさん、充実した笑顔で直虎クランクアップ!

おんな城主 直虎【会見】

毎週日曜[総合]後8:00 /[BSプレミアム]後6:00

※第42回「長篠に立てる柵」は「2017衆院選 開票速報」により放送時間が変更になります。
【放送予定】10月22日(日)[総合]後7:10~7:55

10月11日(水)、大河ドラマ「おんな城主 直虎」が舞台地・静岡県浜松市でクランクアップ! 最後の撮影場所となったのは、約1年前にもロケを行った実り豊かな棚田。撮影終了後に行われた会見には、主人公・井伊直虎 役・柴咲コウさんをはじめ出演者の皆さんが出席し、六左衛門 役の田中美央さんも駆けつけました。皆さんのコメントをご紹介します!

【出席】
柴咲コウ(主人公・井伊直虎 役)
市原隼人(傑山 役)
小松和重(昊天 役)
山中 崇(八助 役)
木下隆行(福蔵 役)
木本武宏(富介 役)
森下能幸(亭主 役)
前原 滉(角太郎 役)

柴咲コウさん コメント
皆さん、お疲れさまでした! 始まるときには1年間やり遂げられるかどうかという不安だったり、たぶん精根尽き果てて終わるんだろうなと思っていたのに、体力があり余っています! それも皆さんが愛を持って接してくれたおかげです。また、各部署の方がプロフェッショナルな仕事を見せてくれたから、それがすごく学びになって、刺激にもなりました。愛を感じながら撮影をすることができて、とてもうれしく思っております。みんなでこうやってやり遂げられて、本当に幸せです。まだ体力がありますのであと1年ぐらいできそうな感じではありますが(笑)、また違う作品で皆さんとお仕事ができることを楽しみにしております。最終回のシーンで終わることができるという、粋な計らいをありがとうございました。直虎を支えてくださって、皆さん本当にありがとうございます。お疲れさまでした!

市原隼人さん コメント
1年間お疲れさまでした。おとわが小さいころから見させていただき、本当に感慨深いものがありました。1年間通してではないと見られない景色、いろいろな感情が湧いてきて、本当にすてきな体験をさせていただきました。そして傑山という役に、いろいろな思いが現場に立つたびに湧いてきて、忘れられないキャラクターになりました。貴重な時間をありがとうございました。また皆さんとご一緒できるよう、しっかり精進して役者の道を歩んでいきます。1年間本当にありがとうございました。

小松和重さん コメント
1年間、皆さまお疲れさまでした。1年続く仕事はやったことがなかったので、毎月毎月、NHKに通うのは、ちょっと局員になった気分になりました(笑)。この生活が終わっちゃうと思うと少し寂しいのですが、まだ泣くつもりはないので、家に帰って泣こうと思います(笑)。今後、NHKの廊下ですれ違っても無視とかしないでください! 忘れないでください! 本当に皆さまお疲れさまでした!

山中 崇さん コメント
最終回まで出させていただけるとは、まったく思っていなかったです。直虎さんとのやりとりも含め、大河ドラマで過去にこんなにお百姓さんのシーンってあったのかな?というぐらい、普通に生きる一般の庶民の人々をすごく愛を持って描いてくださって、本当に感謝しております。参加させていただいて、ありがとうございました。直虎さん、お疲れさまでした!

木下隆行さん コメント
この大河ドラマの役作りにあたって、太らなければならないと…(木本さん「もともとやん!」)これで痩せられるなぁ(笑)。これで普通の芸人に戻ります。ありがとうございました! お疲れさまでした!

木本武宏さん コメント
夢の大河ドラマに出られたこと、本当にうれしいのですが、大河ドラマのクランクアップの場に農民がいるって珍しいような…(笑)。こんなこと、これからもないんじゃないかな? ということで、記念すべき仕事になりました。本当に、殿! お疲れさまでした!

森下能幸さん コメント
「おんな城主 直虎」という作品に関わりましたすべての皆さまに、本当に感謝しております。それから、柴咲コウさん、本当にお疲れさまでした。皆さんお疲れさまでした!

前原 滉さん コメント
初めて大河ドラマにオーディションという形から参加させていただいて、毎回撮影ごとに八助 役の山中さんと「次は(撮影)いつだろうか」と話していたら、結局最後まで残させていただいて…。まさかオールアップの場所にいられると思っていなかったので、皆さんありがとうございました、直虎さんありがとうございました!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

【放送】毎週日曜[総合]後8:00 /[BSプレミアム]後6:00

【作】森下佳子
【音楽】菅野よう子
【題字】Maaya Wakasugi
【語り】中村梅雀
【制作統括】岡本幸江
【プロデューサー】松川博敬
【演出】渡辺一貴、福井充広、藤並英樹

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事