“謎の美青年”役のゆうたろうインタビュー!

おじゃる丸スペシャル アニメじゃないでおじゃる?

11月3日(金・祝)[Eテレ]後6:00~6:10

今年は、アニメ「忍たま乱太郎」放送開始25年目、アニメ「おじゃる丸」放送開始20年目の、ダブルアニバーサリーイヤー!
これを記念し、10月30日(月)からの1週間は「忍たま25・おじゃる20スペシャルウィーク」として、両番組のスペシャルな企画をたっぷりと放送します。
そして最終日の11月3日(金・祝)には、アニメ「おじゃる丸」がなんと実写ドラマになって登場します。「おじゃる17(セブンティーン)」(※1)を思わせる謎の美青年役に挑んだのは、古着屋のカリスマ店員でモデルのゆうたろうさん!ドラマの見どころを語ってもらいました。

※1 昨年放送された、17歳に成長したおじゃる丸が登場したエピソード。そのみやびな美男子ぶりが、大きな話題を呼んだ。

初の映像作品が、「おじゃる丸」!?

──今回の出演オファーを受けられた時の感想は?

まさか、あの「おじゃる丸」が実写化されるなんて! 最初聞いたときは、とにかくびっくりしました。アニメの「おじゃる丸」は家族全員で見ていたので、僕にとってもおなじみの番組。

ですが、おじゃる丸はもちろん、個性的なキャラクターばっかりじゃないですか。「電ボはどうなるんだろう……」などと、実写版のイメージがまったくできなかったんです。しかも僕にとって、これが初の映像作品。そういう意味でも、どういう作品になるのか、まったく想像つかなかったですね。

──演じる上で、最も大変だったところは?

セリフの半分以上が「おじゃ」なんです。「ありがとう」も「びっくりした」も、プリンを食べて「おいしい〜」も、全部「おじゃ」。「おじゃ」にバリエーションをつけるのが、とにかく難しくて……。いろいろ試しているうちに、こんがらがってしまいました。

あと、2週間くらい収録の間が空いたときがあったんです。その間、自宅で他のことをしながらも「おじゃ……」とつぶやいたりして、感覚を忘れないようにしました。そんな経験、初めてでしたね。

世代を問わず人気の「おじゃる丸」。

浮世離れした雰囲気を楽しんで!

──ファッション大好きなゆうたろうさん! 衣装を身につけてみての感想は?

アニメのイメージに近づけるよう、衣装さんがいろいろ試してくれたんです。例えば袴(はかま)は、平安時代のものを忠実に再現するのではなく、シルエットを少し現代風にして、袴パンツっぽくしていましたね。

履きものも、どれがいちばんしっくり来るか見つけるために、厚底ブーツなども試してみました。おじゃる丸がいつも手にしているシャクもちゃんとピンクに塗ってくださったので、僕もアニメのように「伸びないかな」ってずっと思いながら持ってました。放送では見えないかもしれないけど、実は靴下もかわいいんですよ! あらゆるところに衣装さんのこだわりが込められているので、ぜひ細かい部分まで見てほしいですね。

──ズバリ、どんなストーリーになるのでしょうか?

そこは秘密です! 僕自身がどんな姿で登場するのかも含めて、ぜひ放送を見てほしいですね。一つ言えるとしたら、“違和感”を楽しんでほしいかな。おじゃる丸を思わせる謎の美青年が、現代の東京に現れる……。僕自身も演じながら、その“違和感”がすごくおもしろかったんです。ぜひ、浮世離れした雰囲気を味わっていただきたいです。

謎に包まれた、「おじゃる丸」の実写ドラマ。早くゆうたろうさんの「おじゃ」を聞きたいですね! 放送までその姿はお見せできませんが、ぜひ番組をお楽しみに♪

【放送日時】11月3日(金・祝)[Eテレ]後6:00~6:10

▶スペシャルウィーク情報

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事