亀井庄助 役・内場勝則 インタビュー

連続テレビ小説 わろてんか

毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 /(再)後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45/(再)後11:30~11:45

亀井庄助

演・内場勝則
亀井庄助(かめい・しょうすけ)

経営不振で廃業した寄席の元席主せきしゅ。ヒロイン・てんと夫の藤吉がその寄席を売ってほしいと日参するも、頑固な亀井はまったく相手にしない。だがてんと藤吉の心情を知り、愛着ある寄席を二人に託してさっそうと去って行く…はずが、なぜか舞い戻ってくるのだった!?

Q.「わろてんか」に出演することが決まったときのお気持ちは?

純粋にやっぱりうれしかったです。連続テレビ小説「あすか」(1999年後期)以来、18年ぶりになりますから。もうそれだけ年月がたったんだ、初老の男性役をやるようになったんだ、といろいろと感慨深いですね。今回のドラマは舞台が大阪ですし、テーマも“お笑い”なので、縁を感じます。

「あすか」の撮影当時に生まれた娘が、今では19歳。ヒロインの葵わかなさんは娘と同じ年ですし、リアルに親世代なんです。何のためらいもなく、娘と同じ世代のてん(葵わかな)に感情移入でききてしまう、そんな自分が少しイヤですけどね(笑)。

Q.ご自身の役柄についての印象や、演じるうえで楽しみにしていること、役のここに注目してほしいという点などはありますか?

亀井庄助という人物は、寄席が好き、お笑いが好き、ということがベースにある、純粋な男だと思うんです。ただ自分のことを優先してしまうところがあるのが、玉にキズというか。亀井はてんと藤吉(松坂桃李)の夫婦を親のように見守る立場でもあり、亀井自身の夫婦生活と重ねて見ている部分もあるんです。二人の絆にほころびが生じそうなときは、何とか解決しようとするんですけど、結局は自分のことを優先してしまうみたいな…(笑)。

亀井は過去に寄席の席主でもあったんですが、おもしろい芸人を最初に見つけるような目利きでもあった。北野 武さんがいた「浅草フランス座」みたいなもんかな。その目利き力がなかったら、亀井はただのいい加減なおっさんですからね(笑)。

てんと藤吉に寄席を譲ったので、亀井はそのまま去っていくのかと思いきや、下足番として雇われに戻ってくる。二人の行く末を見届けたいという気持ちからの行動だと思いますが、少しでもお笑いの道に関わっていたかったというのもあるんだと思います。はたまた実は生活に困ってたとか…(笑)。
考えてみると、僕が演じるキャラクターは、いなくなったと思ったら帰ってきて…っていう点で「あすか」のときと同じ感じもしますね。

Q.収録に参加して、現場の印象はいかがですか?

雰囲気はすごく良いです。皆さん、とても丁寧に番組作りをしてますし、「あすか」のときも、こんな感じだったなぁと思い出しました。

私の撮影はあたかもNG集を撮っているような雰囲気です(笑)。演技についてもどこまでやっていいんだか、さじ加減をはかっているところですね。例えば藤吉から饅頭まんじゅうをもらうシーンでも、ずっとカット入らないから、「え? 饅頭食べんの? どうなの? 食べるんなら全部食べないとあかんし…」と考えて食べ始めたんですよ。ちょうど1個食べたところで、今度はカット!が入ったので、そのときは逆に「え? もう終わり?」という感じでした(笑)。

Q.放送を楽しみにしている皆さんへのメッセージをお願いします。

“お笑い”の世界のことってあまり知られていないかもしれませんが、実は人知れず苦労してるところもあるし、ホロリとするようなこともあるんです。ドラマをきっかけに、皆さんの“お笑い”の見方が変わったらうれしいです。もちろん、変わらなかったとしてもいいですけど(笑)。“お笑い”をテーマしたドラマなので、あまり力まずに見てください。アホなことを大人たちが一生懸命やってるな、アホなことをやっているけどおもしろいんやね、と感じてもらえるとありがたいです。

“お笑い”は、別に世の中に必要な仕事ではないんです。でも、なかったらやはり困る…。笑う能力があるのは人間だけですし、誰かが僕らの“お笑い”で喜んでくれて、そのうえ、お金までもらえたら最高ですよね。僕らの仕事はありがたい仕事なんだなと改めて思いますよ。やっぱり笑ってるほうが楽しいし、前向きな気持ちになれますからね。

平成29年度後期 連続テレビ小説「わろてんか」

【放送予定】
2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土)<全151回>

[総合]前8:00~8:15 /(再)後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45/(再)後11:30~11:45

【出演】
葵わかな 松坂桃李 濱田 岳 千葉雄大 徳永えり 堀田真由
広瀬アリス 大野拓朗 前野朋哉 藤井 隆 枝元 萌 兵動大樹 内場勝則
高橋一生 鈴木保奈美 鈴木京香 竹下景子 遠藤憲一 ほか

【作】吉田智子

【音楽】横山 克

【主題歌】「明日はどこから」松たか子

【語り】小野文惠アナウンサー

【制作統括】後藤高久
【プロデューサー】長谷知記
【演出】本木一博、東山充裕、川野秀昭 ほか

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事