ソウルおしゃれタウン隣街の激うま激安! せんべろ酒場

世界入りにくい居酒屋「ソウル・ミョンドン界わい」

11月16日(木)[BSプレミアム]後11:00

ソウル最大の繁華街で、若者たちが集うミョンドン。今回の舞台はそんな渋谷や原宿のような街から歩いて数分の所に隣接する「工場街」。町工場が密集する、韓国の経済発展を支えてきた地区です。

ということで「界わい」と題する次第なのですが、めざす入りにくい店No.1は、とにかく見つけるのが大変。

路地の奥にあって、たどりついてもとても居酒屋には見えません。小さなちゅう房と4、5人が座ればいっぱいになるテーブルがあるだけで、それこそ町工場の中の台所か休憩室といった具合なのです。

と思っていたら、「2階もある」と言われ、いったん外に出て階段を上ると、ありました! オヤジの天国が。日の高いうちから近所の工場の職人さんたちが酒盛りの真っ最中。

新鮮なタコの生け作りやさんまのチゲをさかなに、「長生きの薬」と信じるマッコリのボトルを次々にあけていきます。そのおいしさもさることながら、びっくりなのは激安ぶり。べろべろになっても日本円換算で1人1000円程度。そう「せんべろ」です!

夜になると、何とミョンドンをかっ歩しているような若者たちのグループもやってきて、今、ブームになっている酒の飲み方を見せてくれます。それがどんなものかは、ぜひ、番組で。

さらに最近は、若い恋人たちのデートスポットの穴場にもなっている、不思議な空間です。
その世代を超えて愛される秘密はどこにあるのか? それは、常連のオヤジさんたちのマドンナであるおかみさん。

今回の取材中に、双子の初孫が生まれるというおめでたいこともありました。
町工場の街の小さな酒場のディープな魅力、ご堪能ください!

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事