この映画で“パパラッチ”が広く知られるように!

甘い生活

11月14日(火)[BSプレミアム]後1:00

キリスト像がヘリコプターにつるされ、空を駆け巡っていくローマ。ゴシップ記者のマルチェロは、パーティーに明け暮れる享楽的な日々を送っています。マルチェロは、そんな生活に虚無感と絶望を感じ、抜け出したいと思っていますが、ある日、信頼していた友人の悲劇に衝撃を受けます…。
今回ご紹介するのは「甘い生活」(1960)。巨匠・フェデリコ・フェリーニ監督の代表作です。

アカデミー賞では4部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞

次々に登場するモラルを見失った人間たちを、ユーモアを織り交ぜ、グロテスクに描くフェリーニ監督の演出は、製作から60年近くたった今も鮮烈に見るものに迫ります。有名人の私生活を強引に撮影し、スクープしようとする“パパラッチ”は、この映画によって広く知られるようになりました。

フェリーニ監督は、「青春群像」(1953)や愛妻・ジュリエッタ・マシーナ主演の「道」(1954)、「カビリアの夜」(1957)といったネオ・レアリズモの流れをくむ名作を次々に発表していましたが、新境地となったこの作品は、カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞、アカデミー賞ではイタリア映画ながら監督賞など4部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞、国際的な評価を決定づけました。

マルチェロを演じるのは、イタリア映画を代表する名優・マルチェロ・マストロヤンニ。「8 1/2」(1963)では、監督の分身ともいえる映画監督・グイドを演じるなど、フェリーニ作品でも欠かせない一人です。

映画を彩るゴージャスな女性たち

フランスの名優・アヌーク・エーメ、トレビの泉にドレスのまま入ってしまう、スウェーデン出身のアニタ・エクバーグ、さらに、この映画でデビューし、パゾリーニ作品の常連となるラウラ・ベッティなど、フェリーニ作品ならではのさまざまな女性たちが登場しますが、ご注目いただきたいのは、ニコ。1938年ドイツ生まれとされ、ファッションモデルとして活躍、ジャズピアニスト・ビル・エヴァンスの「ムーンビームス」ではアルバム・ジャケットを飾るなど、当時のセレブリティーを代表する存在で、この作品では、本人の役でちらっと登場しています。
ニコはその後、ニューヨークでアンディ・ウォーホルのプロデュースのもと、ルー・リードたちと、伝説のアルバム「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」を発表、歌手・俳優としても、時代を象徴するアイコンとなりました。

現代社会の心の不毛をみつめた、フェリーニ監督ならではの怪物のような作品、じっくりご覧ください。

【放送日時】
プレミアムシネマ「甘い生活」
11月14日(火)[BSプレミアム]後1:00〜3:55

そのほかの映画情報はこちら

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事