あの名物番組が、冬休みへ進出!

冬休み 子ども科学電話相談

12月25日(月)~28日(木)、1月4日(木)、5日(金)、8日(月)
[ラジオ第1]前8:05~11:49

「人間はいつか、AIに負けてしまうの?」
「カブトムシとクワガタムシは結婚できないの?」
「どうしてパンツをはかないといけないの?」

子どもたちの素朴で鋭い質問に、全力で答える専門家の皆さんのやりとりに、思わず頬を緩めたり、膝を打ったり。

1984年に始まり、2017年で34年目となる、夏休み子ども科学電話相談は、大人も楽しめる名物番組となっています。「夏だけでなくもっと聞きたい」という声に応え、冬休みへの進出が決定! 夏休みに汗をかいて答えていた先生方が、今度は寒い空気の緊張感の中で、戻ってきます。

★柔らかな関西弁でゴキブリ愛を語る久留飛くるび 克明かつあき先生。
★「君は◯◯恐竜を知っているか!」と子どもたちのマニア度を試さずにはいられない小林快次こばやし よしつぐ先生。
★「実はもう、人間はAIに負けています」「でもね」と冷静に子どもを諭す高橋智隆たかはし ともたか先生。
★世界初、ブラックホールを撮影する取り組みを続ける本間希樹ほんま まれき先生。

ほか、各分野の第一線で活躍する先生方ばかり!

帰省の道中で、あるいは家族一緒にこたつの中で、どっちも真剣だからこそほほ笑んでしまう、子どもと大人の絶妙なやりとりをお楽しみに!

「冬休み 子ども科学電話相談」

【放送予定】

12月25日(月)~28日(木)

1月4日(木)、5日(金)、8日(月)

[ラジオ第1]前8:05~11:49

※29日(金)は「15時間 オリエンタルラジソン」の中で、
“心と体”ジャンルに絞った「冬休み子ども科学電話相談 スペシャル版」を放送します。

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事