食糧危機も救うと期待される、未来の植物工場にコウケンテツさんと潜入!!

探検バクモン

12月13日(水)[総合]後8:17

『未来型食材のワンプレート』のレシピはこちら

ごきげんよう。パンダラです。

今日は『食』のお話…。
世界の人口は増え続け、このままでは、世界的な食糧危機が起きてしまうという予測があるのは、みなさま、ごぞんじかしら…?
食料自給率がわずか4割ほどのわが国も、ひとごとじゃ、すまないお話なんです。

というわけで!
本日は、未来の食を救うと期待されている、最先端農業のウラガワを探検いたしましょう!

探検のおともは、日本の食料事情に不安を感じていらっしゃるという、料理研究家のコウケンテツさん。
探検バクモン一行の前に現れたのは、玉川大学の渡邉博之教授。
渡邉先生いわく「太陽がなくても、野菜は育つ!」
太陽も土も使わない、最先端の植物工場をご案内いただけるそうよ…。

ウフフフフ、楽しみね♪

渡邉先生にご案内いただき、ウワサの植物工場に入ると。
あれ? なんだかフツーの部屋ねぇ??? と、おもいきや…。
ブラインドを開けたとたん、目の前に、未来的な光景が!

探検バクモン一行もビックリ!!

植物工場のブラインド、オープン!
これが植物工場!

あら? なぜ、こんな色なのかしら? って、気になりますよねぇ?

これはLEDの光の色。
これが植物を育てるのに大事なヒ・ミ・ツ!

LEDの光と水耕栽培の水で育てることができるので、何段でも農地を重ねられます。高層マンションならぬ、高層農園! 狭い場所でも多くの収穫がのぞめるのです。
ちなみに、こちらは実際に流通するレタスを収穫しています。

研究棟では、LEDの光の色によって、どう味が変わるのか? という研究もしているそうです。特別に栽培中のレタスを間近で見て、試食させていただけることに!

さて、色の変化で味にどんな変化が出るのでしょうか?

違う色のLEDで育てたレタスを食べ比べ中

実は研究しているのは、野菜だけはありません。

なんと、大学構内で魚介類の画期的な研究もしているのです! 案内をしてくださるのは小野正人教授。
海から離れた陸地で、海水を使わずに海の魚介類を育てるという技術、実用化に向けて、小さな面積での大量生産をめざしています。

今回は特別に、アワビとマスの養殖システムを見学させていただきます。
限られた水とスペースで、いかにして海の魚介類を育てることができるのか?
それは、ぜひ、番組をごらんくださいね!

海をしらずに育ったアワビたち

レタスもアワビも育つのはわかるけど、でも味はどうなの? って、気になりますよね。
というわけで、未来型食材を使って、コウケンテツさんに調理していただきましょう!

コウケンテツさん、調理中!
未来型食材のワンプレート

未来型食材
      おいしく食べて
              ごちそうさま

うふふふふ。かなり字余り。許してね。

番組でご紹介した『未来型食材のワンプレート』のレシピはこちら
もちろん、普通に手に入る食材でおいしく作れますよ!

それでは、パンダラ~。


探検バクモン「食べもの革命!最先端植物工場」

放送日
12月13日(水)[総合]後8:17

出演者ほか
【ゲスト】コウケンテツ,【司会】爆笑問題(太田光・田中裕二),【出演】サヘル・ローズ,【語り】木村昴,島本須美

内容
世界人口増加の影響で食糧危機が起きるとの予測がある。この事態を救うと期待される最先端の植物工場に爆笑問題が潜入!そこで見たのは、太陽や土を使わずに大量の野菜を作り出す驚異のLED農園。収穫量が激増する上に、光の色によって野菜の味が変わるという!さらに海の魚介類を海水を使わずに水槽で育てる施設にも潜入!超高密度で育てるアワビや自然界では希少な巨大化したニジマスに遭遇!近い将来食卓に革命が起こる!?


取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事