「今の僕に与えられた仕事」
草彅 剛が語った実録ドラマへの思い

NHKスペシャル 未解決事件file.06「赤報隊事件」

1月27日(土)[総合]後7:30「第1夜 実録ドラマ」
1月28日(日)[総合]後9:00「第2夜 ドキュメンタリー」

NHKではこれまで「地下鉄サリン事件」や「ロッキード事件」など、日本中に大きな衝撃を与え、今なお生々しい記憶を残す「未解決事件」を徹底検証・徹底追跡してきました。シリーズ第6弾となる今回は、2夜連続で「赤報隊事件(朝日新聞襲撃事件)」に迫ります。

1987年5月3日、朝日新聞阪神支局に目出し帽の男が進入、散弾銃を発砲。記者2名が死傷し、その後、全国各地の朝日新聞関連施設を襲撃、爆破未遂、そして中曽根・竹下元首相への脅迫や、リクルート元会長宅への銃撃など事件は全国に拡大しました。のべ62万人の捜査員が投入されましたが、15年前、全ての事件が未解決のまま時効となったのです──。

1月27日(土)放送の「実録ドラマ」に朝日新聞特命取材班記者・樋田 毅(ひだ・つよし)役で出演する草彅 剛さん。撮影の裏話やドラマを通して伝えたい事、そして約1年ぶりとなるドラマ出演への思いを語りました。

すごく手ごたえのある作品になった

──約1年ぶりの俳優業でしたが、いかがでしたか?

今回のドラマは、実際にあった未解決事件の実録ですし、同じくそのような事件の被害を受けて今でもまだ心の傷が癒えない方々も大勢いると思うので、誠心誠意をもって取り組みました。1年ぶりのドラマの仕事でしたが、声をかけてくれたスタッフの方や共演者の方々に支えられて、すごく手ごたえのある作品になったんじゃないかなと思います。

現場では、僕が演じた樋田 毅さんの思いを今の人たちに伝えることが、今の僕に与えられた仕事なんだなと思いながら撮影しました。どんどん役にはまっていく感覚がありましたね。それにしても、やっぱりこの時期の撮影は寒かったですね~。ふだんなまけている分、身にしみました。

──事件について勉強したりはしましたか?

実際の当時のニュースなどを見せていただきましたが、31年前の事件ですから、記憶の片隅に残っているようにも思えたんです。そういった面では役に入りやすかったかなと思っています。

僕は2015年に、この未解決事件シリーズの「追跡プロジェクト」でナビゲーターを勤めさせていただいたんです。その経験から、この番組のトーンが分かっていたというのは大きかったですね。事件の再現VTRでは、どの出演者も、熱意や自分の中の感情みたいなものをうまく役に乗せているなという印象があったので、参考になったというのはあります。

「実録ドラマ」はNHKが入手した極秘資料や関係者の証言をもとに作られている

芝居はいつも試行錯誤

──撮影の中で、大事にしたことや工夫したことはありますか?

初めに、樋田さんが持つ熱い思いはちゃんと表現しようと考えていました。そういう気持ちを僕なりに作り上げるのが、芝居をしていていちばん大事だなといつも思うんですよね。樋田さんは、襲撃を受けた新聞社の特命取材班の一員だったので、事件が解決していかない悔しさや気持ちをどうしたら表現できるか常に考えながら撮影していました。気持ちと言ってもそれは感覚でしかないので、戸惑うところなんですけど……。何も考えないで感じたまま演じることで、むき出しの感情になるのかとか、あるときはトーンを抑えたほうが気持ちが出るんじゃないかとか、芝居をするときはいつも試行錯誤です。

そういった部分では、共演者や監督とともに作っていった感覚はありますね。撮影現場はすごく緊張感があって、だからこそいいものになっているんじゃないか、伝わるものがあるんじゃないかという実感はあります。今回はタイミング的に、新しいファンサイトも立ち上げて、僕的にはまっさらな状態での撮影だったので、あまり深く考えずに挑めたのもよかったかもしれません。

──演じた樋田さんは、草彅さんから見てどんな方ですか?

樋田さんは、徐々にこの事件にはまっていって指揮を執るようになっていくんです。犯人像がつかめそうでつかめないと翻弄されて、だけど自分の仕事に対してはずっとプライドを持っている。そういう強さがとても男らしくてかっこいいんですよね。男としても勉強になったし、見習わないといけないところもたくさんあって、尊敬や敬意を持ちながら演じました。

上地くんとのコンビは気に入っています

──共演者についてはいかがですか?

僕の相棒を演じるのが、上地雄輔くんです。上地くんは裏表がなくてとてもストレート。でもどこか気を遣うところもあって、そのバランスがとてもすばらしいんです。あっけらかんとしていて天然な一面もあるけど、実はすごく繊細な部分も持ち合わせていて、そういった面は演技にも表れているんです。

草彅さんと上地さん

それに、僕の演技をある意味引っ張っていってくれたとも思っています。「考えずに1回やってみようよ!」みたいな感じで。それがうまくいって、いいシーンがたくさん撮れたと思います。僕ら2人が並んで歩いていたりすると、なんかいいコンビなんですよね。すごく気に入っています。

みなさんの心に残るものを

──作品を通して感じたことはありますか?

未解決事件と言っているからには、やっぱり犯人は見つけられないんですね。その見えない、つかみどころのないものに対しての怒りや悔しさを出さなければいけない役だからこそ、それがより今の時代に合っているなとも思えました。僕も去年からSNSを始めたので、インターネットの中にも近いものがあるような気がしたんです。そんなことを思うのは初めてでしたね。

──最後に、みなさんにメッセージをお願いします。

先ほども言いましたが、SNSを始めたことで僕にもみなさんから直接コメントが届いています。このドラマについてのコメントも見ていますよ!

また今回、監督や共演者に今しかできない僕の表情や感情をあぶりだしていただいて、本当にうれしいかぎりです。初めて上地くんというすばらしい俳優さんともお芝居ができて、刺激になりました。樋田さん率いる朝日新聞の特命班が、見えない犯人に対して“負けていない姿”は、みなさんの心に残るものがあるんじゃないかと思うので、ぜひ見ていただきたいと思います!

NHKスペシャル 未解決事件file.06「赤報隊事件」

【放送予定】
1月27日(土)[総合]後7:30「第1夜 実録ドラマ」
1月28日(日)[総合]後9:00「第2夜 ドキュメンタリー」

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事