名はホテル!? そしてピンクのゾウがいる! 酒場

世界入りにくい居酒屋「オーストラリア・メルボルン」

2月1日(木)[BSプレミアム]後11:00

イギリス経済誌の調査で7年連続、世界で最も住みやすい都市第1位に選ばれているメルボルン。

1980年代に渋滞や都心の空洞化が問題になり、都市計画を大幅に見直して、人にやさしい街をめざしてきた成果だといいます。中心街では自動車の通行が規制され、トラムが無料化されています。

そんなメルボルンの高級住宅地で、異彩を放つ建物の店が今回の舞台。
なんと屋上にピンクのゾウが3頭! 「ホテル」を名乗り、内装も奇抜な飾り付けで、あやしげ…。

なんだこりゃ!?

メニューは、世界の料理をメルボルン流にアレンジしたもの。
例えばイギリスの名物料理フイッシュ&チップスを、メルボルン沿岸で豊富にとれるというあの“怖い魚”で作ったり、元はナスを使ったイタリア料理を鶏肉に変えて、食べれば「天国気分!」に浸れるチキンカツにしたり。

メルボルン流・フイッシュ&チップス。“怖い魚”とは?
チキンカツにトマトソースとチーズがのって、ビールと相性抜群で「天国気分!」

あやしげなことばかり並べましたが、店は連日、昼も夜も老若男女の地元客で大繁盛。

お酒は、数年前から発売された、地元の材料だけを使ったエールビールがただいま人気No.1。
女子が好み、合コンに最適らしいワインもオススメです。

日中はシニアの常連が、夜になるにつれて若者が増えていつも盛況
フルーティーでちょっとドライ、クリーミーな泡はまるでバースデーケーキ?
男子が女子におごる率が高い? オーストラリア産ワイン

さらに週に1回、「トリビアナイト」というクイズ大会も開催され、盛り上がります。

どうして、この店は人気なのか? オーストラリアでは「ゾウは縁起物」とされてきたそうで、屋上のピンクのゾウのご利益なのか? そして、なぜ「ホテル」なのか?

実はこの店、創業160年以上で、建物は歴史的建造物として保存の対象となっています。謎をとくカギは、その長い歴史にあります。

DJが数十問のクイズを出して、優勝者には賞品もあるトリビアナイト

取材中に、幼なじみのカップルがオメデタを友人たちに告げて祝福される場面や、82歳のおばあちゃんの誕生日を4世代で祝うパーティーにも出会えました。

家族の記念日にも使われるピンクのゾウがいる酒場

一見あやしげな建物の酒場に、脈々と刻まれてきた歴史と心温まる物語、ぜひご覧ください!

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事