2月は宮部みゆき作品が続々登場!

最新のVFXを駆使したエンターテインメント時代劇から、「宮部みゆきワールド」に迫る文学エンターテインメントまで。2月のBSプレミアムは、“ミステリーの女王” 宮部みゆきをご堪能ください!

スーパープレミアム スペシャルドラマ「荒神こうじん

【放送予定】2月17日(土)[BSプレミアム]後9:00〜10:50

宮部みゆき原作、内田有紀主演のスペシャル時代劇。東北の南端に位置する永津野藩と香山藩は長く反目しあっていた。永津野藩の重臣・曽谷弾正(平 岳大)は香山藩への侵攻・略奪を繰り返し、妹の朱音(内田有紀)はそんな兄の所業に心を痛めていた。そんなとき、香山藩の少年・蓑吉が正体不明の怪物に襲われ、浪人の榊田宗栄(平岡祐太)によって永津野藩の朱音のもとに運び込まれる。永津野の民を救うため、朱音は怪物と戦いながら、なぜその怪物が生まれたのか謎を探っていく。

【出演】内田有紀、平 岳大、平岡祐太、柳沢慎吾
前田亜季、前川泰之、中本 賢、角替和枝 / 中原丈雄、品川 徹、田中要次
加藤雅也、柴 俊夫、大地康雄 ほか


『ソロモンの偽証 前篇・事件』

【放送予定】2月5日(月)[BSプレミアム]後9:00〜11:03

大雪が降ったクリスマスの朝、中学2年生の藤野涼子は、校内で同じクラスの男子生徒の遺体を発見する。警察は自殺と判断したが、後日、学校関係者のもとに、彼が同校の不良グループに殺されたという目撃者を名乗る告発状が届く。混乱が続く中、涼子は真実を暴くために学校内裁判を開くことを決意する。人気作家・宮部みゆきのベストセラー巨編を、『八日目の蟬』の成島出監督が前後編の2部作で映画化したヒューマンミステリー。

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』

【放送予定】2月12日(月)[BSプレミアム]後9:00〜11:28

男子生徒の転落死から始まった一連の出来事に動揺が広がる城東第三中学校。事態を隠蔽する大人たちを見限った生徒たちは、自分たちの手で真相を突き止めようと、学校内裁判を開廷する。被告人は、告発状によって同級生殺害の嫌疑がかけられた暴力沙汰の絶えない問題児。裁判の提案者である藤野涼子は検事として、彼の有罪を立証しようとするが、驚がくの事実が明らかに…。

【出演】藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、前田航基、佐々木蔵之介、夏川結衣、黒木 華、田畑智子、小日向文世、尾野真千子 ほか


シリーズ深読み読書会
「宮部みゆき~時代小説の最高峰!?『孤宿の人』」

【放送予定】2月14日(水)[BSプレミアム]後10:00〜10:59

必読の作家・作品の魅力に迫る文学エンターテインメント。
今回は、作家生活30周年を迎えた直木賞作家・宮部みゆき。『理由』『模倣犯』などのミステリーで有名だが、人情味あふれる時代小説でも人気が高い。その最高峰といわれ、宮部自身が「最も苦労した作品」と語る『孤宿の人』を深読みする。

舞台は江戸時代後期、宮部が創造した四国讃岐の・丸海まるみ藩。この小藩が、「悪鬼」「悪霊」と恐れられる流罪人の元勘定奉行を預かることに。その到着とともに、藩下を落雷、火災、疫病など怪異が襲う……。渦巻く権謀術数、そこに生き生きと描かれるさまざまな身分の登場人物たち。クライマックスは城下を襲うカタストロフ!

鈴木 杏(女優)や、高橋源一郎(作家)など“文学探偵”たちが、“秘密の読書会”を開催して徹底分析。「宮部みゆきワールド」を解き明かす!

【出演】鈴木 杏(女優)、高橋源一郎(作家)、関川夏央(作家)、谷津矢車(作家)、倉田真由美(漫画家) ほか

鈴木 杏、谷津矢車

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事