成長した糸と再会できる日を楽しみに

大河ドラマ「西郷(せご)どん」

子どものころから一途に吉之助を思い続けた糸。胸が締めつけられるような“告白のシーン”について、黒木 華さんにお話を伺いました。

糸にとって必要な儀式だったのかも。

糸ちゃんの人生、ひと区切り。正助さんに「糸さぁらしくなか」と言われたことで、大きく心が動きました。

吉之助さんに恋心を伝えたのも、恐らくかなわないだろうと思いつつも、「気持ちを伝える」ということが自分らしくあることだと気づいたからでしょう。あの時代に、あんなにストレートに思いを伝えた糸はすてきです。私もそういうタイプに近いかもしれませんが。

告白するということが、糸にとって必要な成長の儀式だったのかな、と思っています。だけど、せっかく背中を押してもらった、正助さんの本当の気持ちには気づいていないんでしょうけどね(苦笑)。

「おもしてか人じゃ、吉之助さぁは」 だからこそ、ちょっと切ない。

元々、このシーンはすごく大事にやりたいと考えていましたが、亮平さんが糸の前にきちんといてくださったので気負いなくやれた気がします。

それにしても、もうそろそろ気づいてよーと思いますよね(笑)。糸の思いをようやく知った吉之助さんの“ひったまがった顔”、ちょっとまぶしそうでかわいかったです。だからこそ、余計につらいなと思いました。

亮平さんとも、やっぱり中園さんは男女のキュンとする恋愛を描くのがうまいよねと話したりしてました。

この先、どんな未来が待っているんだろう?

これで乗り越えられたかどうかは分からないですが、糸はそこに引っかかってうじうじしている女の子じゃないと思うので、自分の人生を力強くどんどん歩くはず。それが、薩摩の女性の力強さであり熱さだと思うので、ますますパワーアップしていくんだろうなと思います。

実はこの先、またいつか吉之助さんと再会して奥さんになる日が来るなんて……まだ想像もつかないですね! 今は女の子の糸だけど、ここからまだ見ぬいろいろな事を経験して、大人の女性に成長した糸と再会できるのが私も楽しみです。そしていつか、この日のことをすてきだったと思い出せる日がくるといいなと思います。

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷せごどん」

【放送予定】毎週日曜[総合]後8:00 /[BSプレミアム]後6:00

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事