主題歌は星野 源さんの「アイデア」に決定!

平成30年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」

4月2日(月)放送スタート!
毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 /(再)後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45/(再)後11:30~11:45

ヒロインとともに日本の朝に元気を届ける「半分、青い。」の主題歌が、星野 源さんの「アイデア」に決定しました。星野 源さんがNHKドラマに楽曲提供をするのは初めてです。

星野 源さんからのメッセージ

オファーを頂き、胸が躍りました。この「アイデア」という曲が、力強く生きる主人公・鈴愛と、いまを生きる皆様の毎朝を支える一曲になればと思います。

~主題歌決定について~

ヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)永野芽郁さん
決まる前から星野 源さんの歌う主題歌を勝手にイメージしていたので、本当に担当されると聞いて、とてもびっくりしたのと同時に、とにかく、うれしかったです!! 明るい鈴愛のイメージにぴったりで、「きょう1日、がんばろっ」という気持ちになれるメロディーで、星野さんの歌声にすでにはまりまくっています。放送を楽しみにしていてください!

制作統括 勝田夏子
星野さんといえば、“朝ドラ”「ゲゲゲの女房」の打上げで「今度ソロデビューしました」とギター一本で披露された曲たちに感動させられたのが8年前でした。それからのご活躍はご存じの通りです。人生の酸いも苦いも甘いも、明るく昇華させたその歌は、まさに「半分、青い。」の世界。日々の暮らしに「アイデア」を。一日の始まりにふさわしい、すばらしい主題歌です。

2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送】平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>

【番組概要】
連続テレビ小説第98作「半分、青い。」は、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていきます。

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった…。

【作】北川悦吏子

【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一 / 佐藤 健、原田知世、谷原章介 /
井川 遥、余 貴美子、風吹ジュン、豊川悦司、中村雅俊 ほか

【制作統括】勝田夏子

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事