“ニッポンの鉄道”の技術開発を一手に担ってきた
「鉄道総合技術研究所」をダーリンハニーさんと探検!

探検バクモン

3月14日(水)[総合]後8:15

ごきげんよう、パンダラです。

日本の鉄道と言えば、『安全、快適、時間の正確さ』ですね。
今回は、それを100年にわたって支え続けてきた鉄道総合技術研究所を探検!

ニッポンが誇る鉄道研究の最先端が続々と、登場いたします!

タモリさんをはじめとして、鉄道を愛してやまない有名人の方はたくさんいらっしゃいますが…。
今回はダーリンハニーの吉川正洋さんと相方の長嶋トモヒコさんとともに探検をいたしましょう。

最初に一行を待ち構えていたのは、列車の動きを再現するシミュレーター。
まるで新幹線の車内のような空間。
この装置を使って列車の快適性、安全性をより良くするための研究をしているんですって。
探検バクモン一行、試乗させていただきます!

列車の動きを再現するシミュレーターに試乗中

そして、『不快に感じる振動』の研究も!

その振動を一つずつ取り除いていくことで、乗り心地を進化させてきたんだそうです。
『快適な乗り心地』が当たり前だと思ってしまいますが、実は地道な研究のたまものなんですよ…。

『振動』体感中の爆笑問題さんたち

お次は、ドローンの登場!

おや? 鉄道なのに、なぜドローン…?
と、お思いでしょうが、いまやドローンも日本のインフラ整備の救世主として活躍が期待されています。実は、このドローンもこちらの研究所で開発されているのです。

かわいい動きで大活躍する姿は、ぜひ番組でごらんくださいね。

かわいい動きで、とっても働きもののドローン

そして、そして。
駅で電車を見送る駅員さんが「◯◯よーし!」って、指をさしている光景、よく見かけますよね?
これは「指差喚呼しさかんこ」といいますが、その効果を研究して、鉄道の安全性を少しでも高めようという研究も行われています。 日常生活でも役立つ「指差喚呼」を、お教えいたします!

「指差喚呼」実験中!

最後は、未来の鉄道を支える、最先端省エネ技術の研究現場へ!

田中さん、遊んでいるんじゃないんです。
この田中さんの足下に、最先端技術の一端、『超電導』がかくれています!

この『超電導』を鉄道に利用する研究が、日々続けられています。
実現すれば、かなりの省エネになるとのことですが…。

世界で誰も成功したことがないので、全て一から作り上げねばならない。
とっても地道な努力の積み重ねなんだそうです。

世界の最先端は、地味で地道な努力の積み重ねの先にあるんです…。

最先端技術の秘密がここに!

コツコツと
      地道な努力
            最先端へ

それでは、パンダラ~。

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事