東京パラリンピックを成功に導いた伝説の医師の物語
追加出演者が決定!

太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~

平成30年 夏[総合]後10:00~11:10

1964年の東京パラリンピックを成功に導き、その後は、障害者自立のための施設を設立するなど、障害者の社会復帰に一生を捧げた伝説の医師、中村 裕(向井 理)。その波乱の人生を描いた物語「太陽を愛したひと 〜1964 あの日のパラリンピック〜」の新たな出演者が発表されました。

志尊 淳

土山つちやまアキラ 役・志尊 淳さん

《役柄》
部活中の事故で車いす生活を余儀なくされる。絶望の中、中村(向井 理)から車いすバスケを薦められるが、当時の日本では常識はずれなことであった。しかし中村の強引なまでの誘いに心が動き始めることに。中村との出会いは彼の大きな夢へつながっていく。

安藤玉恵

村上久子むらかみ ひさこ 役・安藤玉恵さん

《役柄》
夫と2人の娘と幸せな生活を送っていたが、事故で脊髄せきずいを損傷し、車いす生活となる。ある日中村からパラリンピックに出場するよう進められるが、自分の人生は事故にあったときに終わったと心を閉ざしてしまう。

飯豊まりえ

岸本きしもと あかね 役・飯豊まりえさん

《役柄》
障害者が自立して生きていくための就労施設「太陽の家」の事務員。苦しい経営状態の中でも、中村の熱い思いに応えようとする入所者たちを励まし続ける。そんな彼女に密かに思いを寄せる一人の青年が…。

山口馬木也

土山正之つちやま まさゆき 役・山口馬木也さん

《役柄》
アキラ(志尊 淳)の父親。障害を負った息子を保護することが親としての役目だと信じ、スポーツをリハビリに取り入れるという、当時としては常識はずれな中村 裕の試みに対して怒りをぶつける。

尾上松也

畑田和男はただ かずお 役・尾上松也さん

《役柄》
国立別府病院の医師で、中村の後輩。まわりを巻き込んで突き進む中村の行動に頭を抱えるが、良き理解者で相談相手でもある。

スペシャルドラマ
「太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~」

【放送予定】平成30年 夏[総合]後10:00~11:10

【脚本】山浦雅大

【原案】三枝義浩『太陽の仲間たちよ』

【出演】向井 理、上戸 彩 ほか

【制作統括】千葉聡史、島田雄介、中尾幸男

【演出】佐々木章光

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事