草彅 剛と韓国で同居した“ヤナギー”が明かす、
ロケ裏話

草彅剛の「ニュースな街に住んでみた!」 韓国・ソウル

3月29日(木)[総合]後10:00
4月8日(日)[総合]前1:00 ※土曜深夜(再放送)

日々ニュースになっている国に行って、実際に暮らしてみるドキュメント番組「ニュースな街に住んでみた!」。今回は、草彅剛さんと、「あさイチ」に出演している“ヤナギー”こと柳澤秀夫解説委員が、韓国・ソウルへ! アパートを借りて地元の方と同じ目線で生活し、地域の人々と交流しながら、さまざまな思いを聞き出します。

驚きと戸惑いに満ちていたという韓国2人旅の裏話を、柳澤さんにお聞きしました! 

――どのぐらいの期間、韓国へ行っていたんですか?

1週間弱です。草彅さんより一足早くソウル入りしたのですが、ソウルの空港に着くやいなや、ディレクターに「柳澤さん、これからソウルで、住むところを探しましょう」と言われ、まずは不動産屋さんから探しました(笑)。僕らが住んだアパートは、ソウルタワーがある高台の斜面にあって、ものすごく見晴らしがよくてすてきなところでしたよ。

――草彅さんとはどこで合流したのですか?

ソウルの国立劇場の前で待ち合わせました。そこは、草彅さんがかつて舞台公演を行った思い出の場所なんだそうです。彼とは初対面でしたが、本当に好青年。ウソがなく、自分をどんどんさらけ出してくれるので、こういうところがみんなに好かれるんだなと思いました。

2人が暮らしたアパート! オシャレですね~

――なにか印象的な出会いはありましたか?

この番組は、その土地を深く掘り下げようという番組です。いろいろな人に会って、みなさんが自国をどう見つめているのかお聞きしようと思っていました。年配者の集会所のようなところや、教会などで情報収集していたら、朝鮮戦争の混乱を逃れるために北朝鮮から来た人たちと出会いました。同じ民族でありながら国を分断され、その間どんな思いで暮らしてきたのか。苦労や故郷への思いを聞きました。そして、僕たちの滞在の時期がピョンチャンオリンピック前だったので、それをきっかけにどんな未来を見ているのかを聞きました。

一方草彅さんは、若い世代は何を思って生活をしているのかを聞いていました。そうやって、一緒に過ごした日もあれば別々に行動した日もあって。でも夜は必ず一緒になるので、それぞれが1日どう過ごしたか、現地の人とどんな話をして何を感じたのかなどを毎晩話しました。

草彅さんは韓国の若者たちの声を聞きに

――草彅さんと過ごされて、印象に残っていることは?

僕の中では何もかもが印象強くて(笑)、だってトップアイドルと暮らすんですから! おもしろいなと思ったのは、一緒にいながらも、“going my way” な時間をお互いにキープして過ごしていたことです。草彅さんはギター、僕は無線機を現地調達して楽しんでいました。いい距離感を保ちながら生活ができたので、本当に心地よかったですね。

そういえばある夜、僕が寝ていると、「柳澤さん大変です! 大変です!」って、草彅さんがドアをノックしながら僕の部屋にやってきたんですよ。飛び起きて出てみたら、バスタオルを腰に巻いただけの草彅さんが立っていて、「シャワーのお湯が出ないんですよ!」って(笑)。そのまま、2人で水道屋のようにあちこち見て回りましたが、結果を言うとお湯は出ました(笑)。僕、そこでえらいなと思ったのが、このドタバタを彼はスマホで撮影していたんです。ハプニングもおもしろいと思ったんでしょうね。プロだな~と思いました(笑)。

ほかにも、世界中のファンに羨ましがられるかもしれませんが、滞在中は、彼の手料理も食べさせていただきました。そして、僕も草彅さんも犬を飼っているということで、「うちのがかわいい」「いやうちですよ」とか言い合いながら、写真を見せ合ったりもしました(笑)。

そして注目なのは、草彅さんが滞在で得たものを歌にしたんです。歌詞もメロディーも何度も迷いながら作っていたので、ぜひ聞いてほしいですね。

ソウルで過ごした時間を歌にした草彅さんと、それを聞く柳澤さん

――柳澤さん自身、韓国生活はいかがでしたか?

ソウルでは本当にいろいろな人と出会ったので、僕も話を聞いてほしくなってしまい、最初にスリッパなど生活雑貨を買った靴屋さんにもう一度行ったんです。お店は営業中でしたが、お酒を飲んだりしながら話していたら、向かいの豚足店のお兄さんもやってきて、宴会になっちゃいましたね(笑)。

そこでは、靴屋さんの過去の苦労や、豚足店のお兄さんの父親が大阪に住んでいたことを聞きました。いわゆる“在日”として決して楽な生活をしていた訳ではなく、それでも大阪は父の故郷だから行ってみたいと言うんですね。そんな話をしているうちに涙が出てきちゃって。まあ、単純に酔っ払いの“泣き上戸”ということなんですが(笑)。

「取材中に泣き出しちゃうなんて前代未聞だよねえ(笑)」と柳澤さん

――最後に、この番組をどんな人たちに見てほしいですか?

若い人たちには見てほしいですね。今は情報社会ですから、韓国の状況や日本との関係などはなんとなく知っていると思います。でも、もう一歩踏み込んだことをこの番組で取材しているので、そこは見ていただけたらと思います。一方で、あの朝鮮半島で暮らしている人たちが今どんなことを考えているかもちりばめられていますので、昔のことを知っている世代にも見てほしいです。

実際、韓国という国については、身近な国のことながら、僕には未知の国でした。これまでの記者生活の中でふれてこなかった国だったんです。でもここ数年、否応なしに日常のニュースの中に飛び込んでくるので、個人的にも関心が深まっていました。今回のように、現地に行って話を聞いたりするのは、やってよかったなと思っています。これまでにない番組になっていると思うので、ぜひ多くのみなさんに見ていただきたいですね。

単なる旅行ではなく、実際にその街に入り込んたことで見えてきたものとは? ぜひ番組をご覧ください!

【放送予定】3月29日(木)[総合]後10:00
4月8日(日)[総合]前1:00 ※土曜深夜(再放送)

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事