聖書に登場する盗賊バラバの半生を描いた
歴史スペクタクル大作

バラバ

3月27日(火)[BSプレミアム]後1:00

今回ご紹介するのは、イエス・キリストにかわって自由の身となった盗賊の数奇な人生を描いた「バラバ」(1962)。スウェーデンのノーベル賞作家・ペール・ラーゲルクヴィストの小説を映画化した歴史スペクタクルです。

多彩なキャラクターを演じた名優・アンソニー・クインがバラバを熱演!

聖書に登場するバラバは、キリストを主人公にした映画、ニコラス・レイ監督の「キング・オブ・キングス」(1961)ではハリー・ガーディノ、ジョージ・スティーブンス監督の「偉大な生涯の物語」(1965)ではリチャード・コンテが演じましたが、今回バラバを演じるのはアンソニー・クインです。

1915年、メキシコ生まれのクインは、少年時代にアメリカに移住し、プロボクシングやフランク・ロイド・ライトの下で建築を学ぶなど、さまざまな経験を経たのち、1936年に映画デビュー。精かんな肉体と個性的な顔立ちから、「炎の人ゴッホ」(1956)ではフランス人の画家、ポール・ゴーギャンを演じ、アカデミー助演男優賞を受賞、「ナバロンの要塞」(1961)や「その男ゾルバ」(1964)ではギリシャ人、「アラビアのロレンス」(1962)ではアラブ人、「道」(1954)ではイタリア人の大道芸人と、国をこえて、多彩なキャラクターを演じた名優です。

この作品では、命を救われたバラバが、さまざまな試練に見舞われながらキリストの教えに目覚めていくまでを熱演しています。イタリアで撮影されたこの作品、シルヴァーナ・マンガーノ、バレンティナ・コルテーゼ、ビットリオ・ガスマンといったイタリアの名優や、ジャック・パランス、アーネスト・ボーグナイン、ピラトを演じるアーサー・ケネディと、個性あふれるアメリカの名優たちが出演しています。

天才映画作家・リチャード・フライシャーの演出にうなる!

監督はリチャード・フライシャー。戦争映画、ノワール、ミュージカル、SF、ホラーとさまざまなジャンルの映画を作り続けた天才映画作家です。フライシャー監督の作品は、撮影、編集、どれも“映画”としか言いようのない傑出したものばかりですが、この作品も、その演出には唸るばかりです。マーティン・スコセッシ監督も、フライシャーの演出を絶賛し、「最後の誘惑」(1988)を製作するときには、参考にしたということです。
音楽はイタリア映画を代表する名作曲家マリオ・ナシンベーネ。フライシャー監督、カーク・ダグラス主演の「ヴァイキング」(1958)などアメリカ映画も多く手がけています。荘厳でドラマチックなこの作品の音楽は、ナシンベーネ自身お気に入りだったということです。

バラバの崇高さに胸が熱くなる傑作史劇、じっくりお楽しみください。

【放送日時】
プレミアムシネマ「バラバ」
3月27日(火)[BSプレミアム]後1:00〜3:19

そのほかの映画情報はこちら

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事