新年度からの新ナレーターは中嶋朋子に決定!

コズミック フロント☆NEXT

毎週木曜[BSプレミアム]後10:00~10:59

4月の放送から、新しいナレーターとして中嶋朋子さんが登場します。もともと「コズミック フロント☆NEXT」のファンだったという中嶋さんに、ナレーションを収録してみた感想などを伺いました!

──第1回(4月5日放送・初年度初回)の収録を終えての感想をお願いします。

のめりこんで出来たので楽しかったです。難しい専門用語も出てくるので、“きちんと視聴者の皆さんに届くように”と思いながら臨みました。ナレーションのお仕事は好きなので、気分も高揚するのですが、“落ち着いて”と自分に言い聞かせていました。

──「コズミック フロント☆NEXT」のナレーションのオファーが来たときのお気持ちを教えてください。

「やったー!」って思いました(笑)。もともと宇宙の世界が好きなこともあり、拝見していた好きな番組なのでうれしかったですね。もちろん、自分がナレーションをするんだと思うと、責任があるなと感じます。
ふだん物理学者の先生の本を読んだりしているので、宇宙物理学ですと話が似ていますし、番組を見ていると本当に楽しく学べるんです。

──今回のナレーションで気をつけられたことはありますか。

収録1回目でしたので、番組と私のナレーションの良い“距離感”を決めていきました。スタッフの皆さんとチューニング作業をしながら、声を決めていく感じでした。

──ほかの番組でもナレーションをされていますが、「コズミック フロント☆NEXT」ならではで、気をつけたことはありますか。

堅すぎず、というところでしょうか。内容はどうしても専門的な難しい言葉が出てきたりと、見てくださる方が咀嚼そしゃくしなければならない部分があると思います。ですので、ナレーションをするうえで、視聴者の皆さんと一緒に咀嚼している感じであったり、あるいは咀嚼しすぎないで、ふっと委ねるような“距離感”も実は重要だなと思っています。「コズミック フロント☆NEXT」のように、知識を学べて情報が多い番組ですと、内容とナレーションのバランスには注意したいなと思っています。心地よく見ていただけるように、映像によってナレーションのテンポだったり、声のトーンだったりと、違いを入れてバランスが取れるように心がけていきたいですね。

──中嶋さんが思う番組の魅力や良さを教えてください。

“学ぶ”といっても、少し一歩引いて、番組を見ながら自分で内容をかみ砕く時間があります。お勉強とは違う、知識がすーっと入ってくる説明部分と、思わず高揚してしまう映像が出てきたりと、心をつかまれます。ダイナミックなテーマの今回でいうと、VTRの中で地球をメロンに例えて説明したり、緩急があるところが番組の魅力でもありますね。堅すぎないところがとても好きです。

──最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

番組の題材が私の好きなものですから、好きなエネルギーを生かして、皆さんにお届けできたらなと意気込んでいます。一緒に味わいながら、番組を堪能してもらえるように、ナレーションできたらなと思っています。

「コズミック フロント☆NEXT」

【放送予定】毎週木曜[BSプレミアム]後10:00~10:59
(再放送)毎週水曜[BSプレミアム]後11:45~翌前0:44

人類が知り得た最新の宇宙の姿を、美しい実写とダイナミックなCGで描く本格宇宙番組「コズミック フロント☆NEXT」は、ワクワクを求めて、わかりやすく、ホットなタイミングで宇宙の姿に迫る番組です。番組で取り扱うテーマは月や太陽など身近な天体から、重力波など難解な天文現象。さらに新年度からは、第3惑星・地球の謎にも迫ります。「なぜ宇宙はできたのか」「宇宙はどういう形なのか」といった最先端の宇宙論まで、最新の知見を交え宇宙の謎を解き明かしていきます。

【男性ナレーター】萩原聖人
小田切 千アナウンサー、稲塚貴一アナウンサー

【女性ナレーター】中嶋朋子
中條誠子アナウンサー、池田伸子アナウンサー

▶番組ホームページ

ナレーション・中嶋朋子さん初回
「シリーズ地球 謎の大絶滅史 史上最大の生物大量絶滅の真犯人を追え!(仮)」

【放送予定】4月5日(木)[BSプレミアム]後10:00

2億5千万年前、生物種の9割もが死に絶えるという大量絶滅(P-T境界)が起きた。これまで「シベリア大噴火」や「スーパーアノキシア(海洋中での酸素欠乏)」などさまざまな説が挙げられてきたが、真相は謎のまま。そして今、最新研究で意外な真犯人として注目されているのが「超大陸」だ。
最新研究から、大量絶滅に先がけ、地球上の大陸がひとつにつながる超大陸が誕生していたことが判明。それがきっかけとなり、地球内部のマントル活動や、磁場、降り注ぐ宇宙線が激変し、「プルームの冬」と呼ばれる過酷な環境に。それが大量絶滅の原因となったというのだ。
地球内部から宇宙までつながる壮大な謎解きを、中東・オマーンで進むマントル掘削など最先端の調査に密着しながら、ダイナミックの地球の造形をスケール感たっぷりに描く。

エチオピアのダロル火山

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事