【再放送】「フィガロの結婚」が8ビットゲーム仕立てに!?

名曲アルバム+(プラス)

「歌劇“フィガロの結婚”序曲」
4月15日(日)[Eテレ]前1:50〜1:55 ※土曜深夜
「チゴイナーワイゼン」
4月15日(日)[Eテレ]前1:55〜2:00 ※土曜深夜

「フィガロの結婚」「チゴイナーワイゼン」「パッヘルベルのカノン」
4月16日(月)[総合]前1:40~ 1:55 ※日曜深夜(一部地域は別番組)

クラシックやポップスなど、世界の名曲をゆかりの地の風景映像に乗せて5分間でお送りする「名曲アルバム」。

1976年に始まり40年以上つづくこの番組が、「名曲アルバム+(プラス)」として新たな映像・音楽体験を提供します。名曲を独自の解釈と手法で映像化するのは新進気鋭のクリエイターたち。CGやアニメーションを駆使した映像表現で名曲の世界を描き出します。今回放送するのは、「フィガロの結婚」「パッヘルベルのカノン」「チゴイナーワイゼン」の3曲。誰でも一度は聞いたいことのある名曲と、クリエイターによる映像のコラボレーションをお楽しみください。

フィガロの結婚

「フィガロの結婚」はモーツァルトが1786年に作曲したオペラ。18世紀のスペイン・セビリアを舞台に、フィガロとスザンナの結婚式の1日を描いた喜劇です。モーツァルトの中でも最も有名なこの名曲を映像化するのは、話題のアニメ「ポプテピピック」のゲームパート担当の山下 諒。オペラの各場面をアクションゲーム、ロールプレイングゲーム、格闘ゲーム、パズルゲームなどさまざまな昔懐かしのゲーム風に再現。全4幕で3時間にも及ぶオペラの世界を、なつかしの8ビットゲームテイストのキャラクターたちで5分間に凝縮して描きだします。セリフの端々にはオペラの歌詞(日本語訳)も登場させ、原作のオペラを見たことがなくても、その雰囲気を感じることができるようになっています。

山下 諒
東京造形大学造形学部アニメーション専攻領域卒業。大学在学中に、アニメ「ポプテピピック」POP TEAM 8BITパート、ブリーフ&トランクス「逆に」(ミュージックビデオ)などを制作。

パッヘルベルのカノン

バロック音楽の代表曲「パッヘルベルのカノン」。「カノン」とは、同じメロディーが少しずつずれて重なっていく音楽のこと。わかりやすい例としては「かえるのがっしょう」など輪唱もカノンの一種です。「パッヘルベルのカノン」は、3つのバイオリンが2小節ずつずれてまったく同じメロディーを演奏していきます。その「カノン」の楽曲構造をCGによって視覚的に表現したのが映像インスタレーション作品を多く手掛ける大西景太。洗練されたCGの緻密な世界をご覧ください。

大西景太
東京藝術大学大学院美術研究科修了。音楽の構造や音の質感をアニメーションで表現する手法を用いて、映像インスタレーション作品、ミュージックビデオを制作。主な作品に「ハイスイノナサ/地下鉄の動態」(ミュージックビデオ)、「Forest and Trees」(東京現代美術館「アートと音楽」展)など。

チゴイナーワイゼン

バイオリンの名手サラサーテが作曲した超絶技巧をちりばめたバイオリンの名曲。バイオリニストの人並み外れたテクニックに着目し、さまざまなアングルの映像と合成によって多角的に描いていきます。映像制作はミュージックビデオなどでも活躍する渋江修平。バイオリン演奏は若手実力派バイオリニストの南 紫音。

渋江修平
映像ディレクター。CM、MV、TVドラマなど幅広いジャンルで活躍。倖田來未「LIT」(ミュージックビデオ)、モーニング娘。'15「青春小僧が泣いている」(ミュージックビデオ)など。

「名曲アルバム+(プラス)」

「歌劇“フィガロの結婚”序曲」
4月15日(日)[Eテレ]前1:50〜1:55 ※土曜深夜

「チゴイナーワイゼン」
4月15日(日)[Eテレ]前1:55〜2:00 ※土曜深夜

「フィガロの結婚」「チゴイナーワイゼン」「パッヘルベルのカノン」
4月16日(月)[総合]前1:40~ 1:55 ※日曜深夜(一部地域は別番組)

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事