【アンコール放送】古書で有名な神田は、なぜ “カレーの聖地” となったのか…? 又吉直樹さんと探検!

探検バクモン

11月7日(水)[総合]後8:15
※初回放送:4月4日(水)[総合]後8:15

ごきげんよう、パンダラです。

古書店街で知られる神田。実はここ、わずか2キロメートル四方ほどのエリアに、カレーを出す店もたくさんあり、多種多様な絶品カレーが味わえることでも有名なのです。

でも、なぜ神田は世界でも類を見ないカレーの激戦区になったのか?
みなさまはご存じですか?

というわけで、古書とカレーが大好きな又吉直樹さんと、カレー研究で有名な水野仁輔さんと一緒に味の異なる3店へ!

神田カレーの謎に、大人気カレーから迫ります。

古書街の一角から、神田カレーの謎を解く探検、開始!

まず1軒目は、神田でいちばん古いカレー店。
こちらは大正時代に創業。現存する日本最古のカレー専門店の一つと言われているお店です。ランチタイムでお店が満席のため、別のお部屋をお借りしてカレーをいただくことに!

日本最古のカレー専門店のカレーをいただく探検バクモン一行

このお店のカレーは、いわば“原点の一皿”。
誕生のきっかけとなった、ある歴史的な出来事があるそうです。
その答えは、ぜひ番組で!

日本におけるカレー原点の一皿

お次は、昭和50年代に神田にお店を開き、カレー店急増のきっかけを作ったといわれるカレーのお店へ!
お昼時には常に行列ができるという大人気店で、又吉さんも行きつけだそうです。

神田にカレー店急増のきっかけとなったお店の欧風カレー

神田のカレー店は、カレーの前に前菜のようにじゃがいもが出てくるお店が結構あるそうですが、それを最初に始めたのはこちらのお店なんですって!
りんごやももなど、隠し味を加えて長時間煮込むことで濃厚なうまみを引き出した、高級感が売りのカレー。
なぜ、この高級なカレーが、お店急増のきっかけになったのか?
その理由を、又吉さんにカレーを食べながら推測していただきます。

カレーと本好きな人の関係について推測中の又吉さん

実はこちらのお店、老舗古書店の2階にあります。
又吉さんの推測だけだと、ちょっと不安なので、ヒミツを知っていそうな1階の古書店の店主さんにもお話を聞いてみましょう。
なんと、意外な事実があきらかに…!?

カレー店と古書店の関係が明らかに!

神田にカレー店が増えた理由がわかったところで、『たくさんのライバル店があって、なぜつぶれないのか…?』という新たな疑問が!
その答えを探りに、仕込みに30時間かかるという、神田ナンバーワンに輝いたことがある絶品カレーを出すお店へ!

仕込みに30時間! 絶品カレー

こちらは、高級フレンチ店で料理長まで上り詰めた経験のあるシェフが作るカレーをメインにしたお店です。
シェフが25年間試行錯誤を重ねて完成させたビーフカレー。このカレーの仕込みを知ると、狭い地域でたくさんのお店が共存できる理由が見えてくるという…。
なんと、特別に厨房ちゅうぼうも公開していただきます!

神田ナンバーワンに輝いたカレー店の厨房

3種類の絶品カレーから、日本人とカレーの関係が明らかに!

カレーカレー
       みんなが笑顔
              カレーカレー

それでは、パンダラ~。

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事