2018 NHKサッカーテーマ
担当するのは「Suchmos(サチモス)」!

◆アーティスト選考のポイント

2016年に発表した「STAY TUNE」で世間に名を広め、目覚ましい活躍を見せている彼らが、世代や性別を超えて幅広く支持されるアーティストであることや、サッカーの魅力や感動を独特の表現力で伝えられることなどを最大のポイントとしました。
彼らが手掛ける曲が、6月に開幕するワールドカップという大舞台に挑む日本代表、それを後押しする日本中の思いを表現し、聞いてもらう人々に深い感動を与えてくれるものと期待しています。

※曲は現在制作中で、5月に発表予定。

◆「Suchmos」からのメッセージ

世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。
11人とサポーターで燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています。

Suchmos YONCE

Suchmos (サチモス)
2013年1月に神奈川県で結成された6人編成のロックバンド。
2015年4月にデビュー。全国ライブハウスツアーや各地夏フェスを中心に積極的なライブを行う。
2017年4月に自主レーベル『F.C.L.S.』(エフシーエルエス)をソニー・ミュージックレーベルズ内に立ち上げる。
2017年の夏には、合計14の大型ロックフェスティバルのメインステージに出演し、総勢30万人を超える大観衆を盛り上げる。
2017年12月、同年1月にリリースした2ndアルバム『THE KIDS』が、「第59回 輝く! 日本レコード大賞」において最優秀アルバム賞を受賞。
2018年2月に配信限定で新曲「808」(ハチマルハチ)をリリース。各種音楽配信サイトとラジオのオンエアチャートで1位を獲得。

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事