放送2年目に突入! 個性的なゲストが続々登場!

オリガミの魔女と博士の四角い時間

毎月 最終土曜日[Eテレ]後10:45

2017年より月に1回、放送してきた「オリガミの魔女と博士の四角い時間」が2年目に突入。日本が世界に誇る伝統文化“折り紙”の魅力をドラマ仕立てで紹介するこの番組は、折り紙の研究に没頭する主人公・折鶴博士(滝藤賢一)と博士に憧れる少年ノボル(小山春朋)、博士に想いを寄せるイタズラ好きなオリガミの魔女(声・尾上菊之助)による、ちょっぴり不思議なファンタジックなドラマ。

毎回、個性的なゲストが登場します。今後のラインナップにも注目です!

4月28日(土)「千輪桜」春の夜に起きた奇跡!

〈ゲスト〉上野樹里(紙屋の孫娘・桜子さくらこ 役)

上野樹里

【折り紙のテーマ】桜

【あらすじ】
折鶴博士がいつも頼りにしている馴染みの紙屋を訪ねると、そこには休業の張り紙が。 店先で出会ったのは祖父譲りの豊富な紙の知識を持つ孫娘・桜子だった。はじめはそっけない態度の 桜子だったが、博士が“オリガミのプロ”と知ると、次第に心を開いていく。

【見どころ】
結婚後初、約2年ぶりのドラマ出演となる上野樹里さんが登場!上野さんが滝藤さんと手染めの和紙を使って、“桜“に挑戦します。ラストに登場するのは1万7500枚の折り紙を使った満開の桜。スタッフ一丸となってひとつひとつ折り上げました。春の余韻をお楽しみください!

〈上野樹里さんコメント──収録を終えて〉
結婚以来、約2年ぶりのドラマ出演で、すべてが新鮮でした。「現場だ!現場だ!現場って楽しいな!」と思いながら過ごさせていだたき、いろんなすてきな感情を自分の中に落として感じることができました。撮影の日は(午前)3時半起きだったんですけれど、その日1日が勝負だったので、撮影の途中で使い物にならなくなって後悔しないように、4日前から3時半起きを実践しました(笑)。
主演の滝藤さんは、木漏れ日のように優しく寄り添ってくれるような方でした。また違う役で気持ちをキャッチボールできたらうれしい、そういう信頼感があります。
折り紙は1ミリ違えば美しさに関わってきます。職人の原点じゃないですけど、紙一枚の世界から立体ができて、いろんなことができるってすごいと思いました。心を込めてお芝居させていただいたこの作品が、たくさんの人の心に響く15分になることを願っています。

5月26日(土)「雨上がりの事件簿」折鶴博士、まさかの大ピンチ!?

〈ゲスト〉浜野謙太(かえる男 役)

浜野謙太

【折り紙のテーマ】かえる

【あらすじ】
ある日、ノボルが博士の家を訪ねるとそこには得体の知れない男が! 男はなぜかテカテカしている。しかも、挙動不審であることはなはだしい。しかし、男の落ち着きのない行動の裏には、知られざる秘密が隠されていた!

〈浜野謙太さんコメント──収録を終えて〉
役としてはここ数年で一番ハマってたんじゃないかと思います(笑)。
今回の作品を折ってやっぱり難しいなと思いましたが、俺はずっと感動していました。行程にサプライズがありますね。その瞬間のエンターテイメントがある。コツコツ作ってだんだん見えてきて完成っていうのではなく、なんかグシャグシャってなってるやつを開いたら出来上がる! みたいな。そのサプライズがすごい! 作る工程に散りばめられている粋な感じがあります。

6月「わけありな泥棒」折鶴博士の家で盗まれたお宝とは?

〈ゲスト〉児嶋一哉(泥棒 役)

児嶋一哉

【折り紙のテーマ】ひまわり

【あらすじ】
ある夜、博士が水を飲もうと台所に向かうと、泥棒と遭遇! 博士の姿に驚いたドジで気の小さい泥棒は、失神してしまう。そして、被害者のはずの博士が、なぜか泥棒を介抱することになってしまい…

7月「きもだめし」オリガミに込めた大切な人との思い出

〈ゲスト〉片桐はいり(音楽教師 役)

片桐はいり

【折り紙のテーマ】グランドピアノ

【あらすじ】
ある日、ノボルに付き合って、学校のきもだめしに参加することになってしまった博士。ピアノの音に引き寄せられるようにして音楽室をのぞくと、そこには合唱の練習をやる気満々の音楽の先生が待ち受けていて!?

「オリガミの魔女と博士の四角い時間」

【放送予定】毎月 最終土曜日[Eテレ]後10:45

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事