鈴愛の幸せは、きっと菜生の支えに

連続テレビ小説「半分、青い。」

毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 / (再) 後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45 / (再) 後11:30~11:45

鈴愛すずめの同級生で、親友の木田原きだはら菜生なお。演じる奈緒さんのインタビューをお届けします!

鈴愛のことが大好きな、鈴愛思いの子

──木田原菜生には、どんな印象を持っていますか?

私と名前の読みが同じ役ということもあり、オーディションのときから運命を感じて、絶対にやりたいと思っていました。日常でもドラマの中でも「なおちゃん」と呼ばれて、不思議ですが、とてもうれしいです。

クランクインする前、菜生は「機微のあるしっかり者」だと聞いていましたが、実際に演じてみると……めちゃくちゃアホな子になりました(笑)。ブッチャー(西園寺龍之介)役の矢本(悠馬)さんから、「菜生ってこんなにアホでいいの?」って言われるくらい。なんといっても、あの鈴愛の親友ですからね。

菜生は、とにかく鈴愛のことが大好きな、鈴愛思いの子。まるで、妹を気にかけるお姉ちゃんです。ちょっとだけ強がりながら恋のアドバイスをしたり、鈴愛にいじらしい励ましのことばをかけたり。いつも鈴愛を支える菜生は、すごくかわいいと思います。
演じる私も、台本を読みながら、菜生以上に鈴愛のことを考えてしまうときがありますね。

役者どうしもドラマと同じような関係になれました

──鈴愛、律、ブッチャー、菜生の “ふくろう会”での芝居は、やってみていかがでしたか?

梟会のメンバーで“ともしび”にいるシーンを3日間かけて撮って、4人の楽しげな空気感が出来上がった気がします。役者どうしがすごく仲良くなって、その空気感を生かせたというか。ドラマの中と現実の私たちとで、同じような関係になれました。

制服姿の4人でNHKの食堂に行って、たわいない話をしていると、もう高校の友達どうしにしか思えなくて(笑)。
スタジオの中でも、私と芽郁ちゃんで勝手に佐藤さんと矢本さんの写真を撮って、写真加工アプリでかわいい犬耳を付けたり、かわいい顔で「バーカ❤」って言う矢本さんの動画を撮ったりして、盛り上がっています(笑)。

卒業式のあとに行く、高校最後のともしびも、とても良いシーンになりました。菜生としても、梟会への気持ちがあふれる見どころになっているので、ぜひ注目してみてください。

芽郁ちゃんと私は、佐藤さんと矢本さんにツッコまれてばかり(笑)

──永野芽郁さん(楡野鈴愛 役)、佐藤健さん(萩尾律 役)、矢本悠馬さん(ブッチャー 役)は、それぞれどんな印象ですか?

芽郁ちゃんは“圧倒的ヒロイン”です! お芝居しているときの目がキラキラしていて、カットのかかったあと、思わず顔をさわってしまったこともありました(笑)。しっかり者だけど天然なところもある芽郁ちゃんは、現場の癒やしです。満面の笑みで私に近づいてきて、リアルなカエルの人形を渡して喜んだりするので、油断はできませんが(笑)。

佐藤さんは、常に気配りをされていて、記憶力もすごい、まさに超人的な方。クールな方だと思っていましたが、じつはとっても優しいです。梟会では、いちばん年上ということもあり、すごく引っ張っていただいていますね。「佐藤さんがいるから大丈夫」と、役者もスタッフも、みんなが頼りにしていると思います。

そして矢本さんは、とってもおもしろい、梟会のムードメーカー! すごくオープンな方で、初対面のころから印象が全く変わりません。こういうお兄ちゃんがいたら楽しいだろうなぁと、いつも思っています。私に対する当たりは強いですけどね……。 4人でいると、私と芽郁ちゃんは、佐藤さんと矢本さんにツッコまれてばかりです(笑)。

菜生には“梟町のキャリアウーマン” として頑張ってほしい

──鈴愛は漫画家を目指して東京に行きますが、菜生には今後、どうなってほしいですか?

きっと菜生は、梟町を離れないでしょうね。私としては、ちょっとセンスの心配な「おしゃれ木田原」を継いで、本当におしゃれなブティックにするか、全国チェーンに育ててほしいなと思います。“梟町のキャリアウーマン”として頑張りながら、東京で頑張る鈴愛や、みんなの帰りを待っている──。そんな存在でいてほしいですね。

高木 渉さん(菜生の父・五郎 役)、池谷のぶえさん(菜生の母・幸子 役)とは、「もし菜生がブッチャーと結婚したら、お金持ちになるから、おしゃれ木田原を大きくできますね!」という話をしました(笑)。ブッチャーを恋愛対象として見られる日が来るのかは、まったく分かりませんが……。でも、可能性はありますよね。「私がブッチャーのことをからかうのはいいけど、ほかの人にはしてほしくない!」という気持ちから、恋心に気付いて……とか(笑)。

菜生の幸せも気になりますが、まずは鈴愛に幸せになってほしいですね。鈴愛の幸せが、菜生の支えにもなると思います。

2018(平成30)年度前期
連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送】平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>

【作】北川悦吏子

【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一 / 佐藤 健、原田知世、谷原章介 /
井川 遥、余 貴美子、風吹ジュン(語り)、豊川悦司、中村雅俊 ほか

【制作統括】勝田夏子

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事