本当に寝ているの?
観覧の皆さんに聞いてみました!

おやすみ日本 眠いいね!

6月10日(日)[総合]前0:05 ※9日(土)深夜

「おやすみ日本 眠いいね!」は、全国の眠れない視聴者が眠れるまで番組を終われないという、かつてない深夜の生放送番組。MCの宮藤官九郎さんと又吉直樹さん、そして多彩なゲストたちが、日本中の“もやもや”に耳を傾け、皆が安心して眠れるようなトークや企画をゆる~くお届けする番組です。

今年4月から月一のレギュラー放送となった当番組、ぜひ注目してほしいのはスタジオ観覧の皆さんが“ざこね”していること!
ラフな格好でまったりしながら生放送を観覧、なんならそのまま寝てしまってもOKという、前代未聞のスタイルなんです。
今回はざこね観覧の様子をリポートすべく、観覧者の一人として収録現場に潜入!

さらに「どれくらい眠れた?」「深夜の放送終了後の予定は?」など、参加した皆さんへ素朴な疑問を投げかけてみました!

番組では、全国から寄せられた眠れないエピソードに、宮藤さんたち出演者が真剣に向き合います!

生放送のスタジオへ潜入!

スタジオ観覧者として参加したのは、5月19日深夜放送の「眠いいね!」。
「ざこねしやすい格好で来てください」という番組スタッフの指示に従い、ジャージ姿で観覧に挑みました。
この日のざこね観覧希望の応募は、数百にのぼるとか。その中から見事切符を手にした、20人あまりのラッキーな方々とともに、いざスタジオへ……。

スタジオ内は、ほどよく照明が落とされ、寒すぎず暑すぎずといった実に心地よい環境。番組スタッフの皆さんも、心なしかリラックスしているような……。
まったりした雰囲気の中、ふんわり本番がスタートしました。

まずは、カフェコーナーへ。

テーブルの上には、番組ロゴ入り特製どら焼きと、ほうじ茶まで準備されていて、いたれりつくせりなスペースです。試しに一ついただいてみると、しっとりしたカステラ生地の中に、ほどよい甘さのあんが包まれ、とっても上品なお味。宮藤さんは「口の中がパサパサする……」とおっしゃっていましたが、とても美味しかったですよ!

観覧の皆さんは、お互いこの日が初対面であるにも関わらず「どこから来たんですか?」「どんなときに眠れないですか?」などなど、自然と会話が生まれていました。まるで、修学旅行の夜のようですね。これじゃ、ますます眠れないかも〜〜。

さて、次は足湯コーナーへ。

大人気のこのコーナー、季節に合わせた何かがお湯に入っているんです。ちなみに5月放送のこの日は、足湯にはしょうぶとよもぎの葉が入れられ、そばにはあやめの花が飾られていました。

湯に足をつけると、徐々に身体がポカポカに。
あれ、急激に眠くなってきたかも……。

そして、満を持してざこねコーナーへ。

なんだ、このふわふわ感は! 
足を踏み入れた瞬間、あまりの心地よさに驚いてしまいました。聞けば、ふわふわ毛布の下に、布団やらウレタン素材のクッションシートが敷き詰められているとのこと。まさに、雲の上に降り立ったかのような心地です。
ゴロンと寝転がると、頭上には小さな照明がいくつも光っていて、まるで星空の下にいるかのよう。しかも、ほんわか温かいんです。

ざこねスペースに寝転がると、出演者たちの会話がいい感じのボリュームで遠くに聞こえます。「眠いい!」生演奏なんて、まさに子守唄ですね。

ふと横を見ると、すでにぐっすりおやすみの方がいらっしゃいました。 あまりの心地よさに、取材中であることを忘れて、うっかり寝落ちしてしまうところでした……。

2800万の“眠いいね!”達成! これにて生放送終了です。

ざこね観覧者の皆さんに、突撃取材!

この日、放送が終了したのは深夜2:22。
生放送終了後、観覧の皆さんにお話をうかがいました。

まずは、親子3人で参加されていた千葉県のご家族。応募したのは、娘さんだとか。なんと、前回の放送で「父が皆川猿時に似ていて眠れない…」という投稿が紹介されたそうですよ。今回、そのお父さんも一緒に参加。ガッツリ宮藤さんたちに絡まれていました。お母さんは、「生放送っておそろしいですね。結構自分が映る!」とおっしゃっていました

次に、カップルで参加したお二人。
なんとこちらのお二人、福岡と東京との遠距離恋愛中なんだそうです!
「もともと福岡で知り合ったのですが、彼女が2年ほど前に東京に転勤になってしまって。この番組は二人とも好きでよく見ていて、一度ざこねしたいねと言っていたんです。テレビで見たままのゆるい空気で、僕も20分くらい寝たかな?」(福岡県・30代・男性)
「いつも番組を見ていて、生放送を観覧しながら寝てみたいと思って応募しました。いい意味で緊張感のない現場で(笑)、気づいたら寝落ちしていました…。でも、赤木アナウンサーが最後に弾いたハープの音で起きました(笑)。明日は仕事です!」(東京都・20代・女性)
忘れられないデートになりましたね♪

友達と参加したという女性は、意外なところに注目していました。
「とても居心地がよかったです。スタッフの皆さんは優しく対応してくださって安心できました。これから就職について考えないといけないんですけど、テレビ局で働くのってかっこいいなと思いました」(東京都・20歳・女性)
未来の「眠いいね!」スタッフ、誕生……?

「家で見るときは、ちょっと『早く終わってくれ…』と思うときもあるけど、スタジオに来ると『少しでも長く続いてくれ…』と思いました」(埼玉県・10代・男性)
という方も。「ざこね観覧、してみたい!」と思ったそこのあなた! ぜひ番組ホームページから応募してみてくださいね♪

皆さん、ご協力ありがとうございました~。

【次回放送】6月10日(日)[総合]前0:05 ※9日(土)深夜
※10日のざこね観覧は締め切りました。


▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事