秋風との関係は謎めいたままに…

連続テレビ小説「半分、青い。」

毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 / (再) 後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45 / (再) 後11:30~11:45

秋風の秘書・菱本ひしもと若菜わかなを演じる井川 遥さんにインタビュー!

実は、思いやりがあって人間くさい部分もある人

──菱本若菜は、どんな人物ですか?

菱本は理路整然としていて冷静沈着な印象を受けますが、実は、思いやりがあって人間くさい部分もある人だと思います。説明ゼリフが多いように、きっちり、しっかりしている菱本の性格がよく現れている描写だと思っています。

クールでありながら見守るような存在でありたい

──菱本を演じる上で大切にしているポイントはなんですか?

菱本のシーンにはいくつかの役割りがあると思っています。
秋風先生(豊川悦司)と菱本との信頼関係がわかる遠慮のない掛け合い。ここでは秋風先生と丁寧なキャッチボールをしたいと思っています。あの秋風先生の心を動かすのは容易ではないので(笑)

それから、ティンカーベルをまとめる秘書として。クールでありながら見守るような存在でありたいですね。
アシスタントの3人の個性を受け止めながら、鈴愛すずめ(永野芽郁)の寮生活をなんやかんやお世話をしていますよね。
今までにいなかったタイプのアシスタント鈴愛に、菱本も揺れ動いている。秋風が大きく変わっていくように、菱本にももたらす心境の変化があるので大切にしたいです。

そしてこの物語のスパイス的な要素として。いろんな要素が良い意味で混在している作品ですよね。ワンシーンの中で意外な方向に行くことも多いですし、独壇場に語り出すこともある。どう成立できるか、おもしろくなるか、菱本ってそんな時どうするだろうと考えています。

秋風との関係は謎めいたままに

──菱本にとって、秋風先生はどんな存在だと感じていますか? 男女の関係があるのかどうかも気になります。

菱本は秋風に対して、「偏屈なところや、すぐはぐらかされてしまうところがあり、世話が焼けて大変だけれど、秋風先生を支えられるのは自分だけ」と思っていると感じます。
先生の才能を見出してきたマネージャーとしての自負、過ごしてきた時間で育まれた信頼関係がふたりにはありますし、尊敬の念と、ほおって置けない魅力と両方なんでしょうね。

あえて豊川さんとは菱本と秋風先生の関係について話はしていないです。謎めいたままでいいのでは、と思います。

鈴愛のエネルギーをただただ、感じていられればいい

──アシスタントである鈴愛に対しては、どんな意識で向き合っていますか?

秋風の言う「五平餅要員として」という都合のよい動機に、菱本は、初めはあきれていたと思いますが、秋風の思いに寄り添うように心がけてきた菱本。鈴愛のことはよくわからない、というのが正直な思いでしたが、いつの間にか魅了されている。それこそが鈴愛の人をきつける型破りなキャラクター、そんな彼女のエネルギーをただただ、感じていられればいいとも思います。

2018(平成30)年度前期
連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送】平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>

【作】北川悦吏子

【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一 / 佐藤 健、原田知世、谷原章介 /
井川 遥、余 貴美子、風吹ジュン(語り)、豊川悦司、中村雅俊 ほか

【制作統括】勝田夏子

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事