“バディ・ムービー”の傑作
シリーズ4作を一挙放送!

リーサル・ウェポン シリーズ【坂本朋彦のシネフィル・コラム】

6月11日(月)[BSプレミアム]後1:00 ほか

命知らずの刑事リッグスとベテラン刑事マートフがロスを舞台に大暴れする映画といえば…、1980~90年代を代表するアクション映画「リーサル・ウェポン」(1987~)。
シリーズ4作を一挙放送です。

メル・ギブソン × ダニー・グローバー “バディ・ムービー”の傑作

リッグスを演じたメル・ギブソンは「マッドマックス」(1979)で注目されましたが、このシリーズも大ヒットし、世界的なスターとなりました。家族思いで実直なマートフを演じたのはダニー・グローバー。アクションはもちろんですが、まったく違う2人が次第に友情で結ばれ、強い絆を築いていく、アメリカ映画お得意の“バディ・ムービー”としても親しまれています。さらに、笑いあり恋愛あり、娯楽映画の要素が満載です。
第2作から登場する、口の減らないゲッツを演じるジョー・ペシ、第3作から登場し、リッグスと恋に落ちる女性刑事コールを演じるレネ・ルッソなど、共演者も魅力的です。

製作・監督のリチャード・ドナーは、70年代からエンターテインメントの名作を作ってきましたが、このシリーズは「スーパーマン」(1978)と並ぶ代表作となりました。

エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン…音楽も超豪華!

そして音楽。全シリーズを担当したのは、ピンク・フロイドの傑作アルバム「ザ・ウォール」のオーケストラ・アレンジで注目され、映画音楽家でもあったマイケル・ケイメン、サックス奏者で、自身のアルバムや数々のセッションに参加したデビッド・サンボーン、そして、ロック史にその名を刻むギタリストであり、ソングライターのエリック・クラプトンです。「いとしのレイラ」をはじめ、クラプトンの曲は様々な映画に使われていますが、このシリーズでは、オリジナル曲を作曲し、あの、独特のギターを披露しています。

1945年、ロンドン近郊にあるサリー州の小さな町、リプリーで生まれたクラプトンは、少年時代からブルースに深く傾倒、ヤードバーズ、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク&ドミノス、数々のソロ・アルバムで名曲を次々発表、ビートルズをはじめ、さまざまな傑作アルバムにも参加し、今も現役です。3人は、ピンク・フロイドの中心メンバーだったロジャー・ウォーターズの1984年のソロ・アルバム「ヒッチハイクの賛否両論」に参加し、このときの縁と交流が、この映画につながったということです。クラプトンの親友・ジョージ・ハリスンは、第2作「炎の約束」(1989)に「チアー・ダウン」という曲を提供しています。

音楽もゴキゲンなアクション・エンターテインメント、たっぷりお楽しみください。

【放送日時】
プレミアムシネマ「リーサル・ウェポン」
6月11日(月)[BSプレミアム]後1:00〜2:51

プレミアムシネマ「リーサル・ウェポン2/炎の約束」
6月12日(火)[BSプレミアム]後1:00〜2:55

プレミアムシネマ「リーサル・ウェポン3」
6月13日(水)[BSプレミアム]後1:00〜2:59

プレミアムシネマ「リーサル・ウェポン4」
6月14日(木)[BSプレミアム]後1:00〜3:08

そのほかの映画情報はこちら


坂本朋彦

【コラム執筆者】坂本朋彦(さかもと・ともひこ)

1990年アナウンサーとしてNHK入局。キャスターやニュースなどさまざまな番組を担当。2014年6月からプレミアムシネマの担当プロデューサーに。

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事