当事者たちの「愛と苦悩のコトバ」からたどる“LGBT”戦後史

ETV特集「Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~」

6月16日(土)[Eテレ]後11:00

史上最多15万人が訪れた今年の「東京レインボープライド」──多くの性的マイノリティーの人たちが参加し、それぞれの愛のカタチについて語り合いました。しかし、ここに至る過程には、自分らしく前向きに生きられる社会の実現を夢見た当事者たちの「愛と苦悩のコトバ」がありました。

ゲイ雑誌『薔薇族』
ゲイ雑誌『薔薇族』

社会から「異常性愛」と呼ばれた60年代、ゲイバーで働きながら差別に苦しんだカルーセル麻紀さん。70年代、日本初の商業ゲイ雑誌『薔薇族ばらぞく』を創刊した伊藤文學ぶんがくさん。80年代、ゲイ雑誌の常識を打ち破る斬新なイラストで、性的マイノリティーの心を照らし続けた内藤ルネさん。そして、「カミングアウト」という新たな概念を伝えた伝説のラジオDJ・大塚隆史さんは、パートナーをエイズで失っても言葉を発信し続けました。そして、今もなお新世代の当事者たちを見つめ続けている編集者・女装パフォーマーのブルボンヌさん。

戦後、性的マイノリティーの当事者たちの間で語り紡がれてきたさまざまなコトバから、愛とは何かについて考えます。

〈60年代〉「ブルーボーイ」と呼ばれた女優・カルーセル麻紀さん
〈70年代〉日本初の商業ゲイ雑誌『薔薇族』を創刊した編集者・伊藤文學さん
〈80年代〉「カミングアウト」という新しい概念を発信した伝説のラジオDJ・大塚隆史さん
〈90年代以降〉新世代同性愛者を見つめ続ける編集者女装パフォーマー・ブルボンヌさん

これは、愛の形に違いはあっても、私たち皆が抱く「大切な人を思う心」をテーマにした番組です。「LGBT」「性的マイノリティー」「同性婚」──昨今、なにかと話題にのぼるこうしたコトバに、いま一つ関心を持てない人にこそ、この番組を見てほしいと思います。また、自身の性的指向や性自認に関して悩む当事者の方々にも、先人たちの歩みとメッセージが届いたら…と願っています。
番組ディレクター・笹井孝介

〈2018年5月〉史上最多15万人が訪れた「東京レインボープライド」

ETV特集「Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~」

【放送予定】6月16日(土)Eテレ後11:00

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事