鈴愛とはこれからも、戦友であり親友

連続テレビ小説「半分、青い。」

毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 / (再) 後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45 / (再) 後11:30~11:45

鈴愛のよき理解者・ユーコ(小宮裕子)を演じる清野菜名さんにインタビュー!

人に心を開かなかったけれど、鈴愛と出会って

──ユーコ(小宮裕子)は、どんな人物ですか?

ユーコは世田谷のお嬢様ですが、小さいころに両親が離婚しています。母親と敬語で電話するシーンがあったように、家族との関係がうまくいっていない女性です。子ども時代に、心のよりどころだったのが「漫画」なのかな、別れてしまったお父さんが漫画好きだったのかな、などと想像して役を作っていきました。

そういった過去から、ユーコはあまり人に心を開かなくなって、鈴愛(永野芽郁)のことも最初は突き放していました。ユーコと正反対のまっすぐな性格だし、自分にないものをたくさん持っているので、なおさら受け入れられなかったんだと思います。
でも、絆が生まれてからは、鈴愛のハイテンションとユーコのローテンションがかみ合って、掛け合いのおもしろいコンビになれましたよね。いい意味で、鈴愛の影響を受けているところもあると思います。ボクテ(志尊 淳)も加わると本当にいいバランスで、演じていておもしろいです。

ちなみに、私は自分のことをハイなほうだと思っているのですが、人からは「ローだよね」と言われることがあって。ユーコのテンションについて考える中で、「私って、本当はローだけど無意識に頑張ってハイにしているんじゃ……?」と思ってしまいました(笑)。

芽郁ちゃんと仲良くなりすぎて、鈴愛とユーコみたいになっています

──撮影現場の雰囲気はどうですか?

同い年の志尊くんや年下の芽郁ちゃんとの共演は親近感があって、お芝居も楽しいです。いま「志尊くん」って言いましたけど、実は現場でそう呼んだことがないかも。ずっと「ボクテ」って呼んでいます(笑)。

芽郁ちゃんとも仲良くなりすぎて、鈴愛とユーコみたいになりました。私が現場でジャスティン・ビーバーの曲を口ずさんでいたら、次のフレーズを芽郁ちゃんが歌い始めて、合唱になったことがあって。締め切りに追い込まれた鈴愛とユーコが『YOU MAY DREAM』(シーナ&ザ・ロケッツ)を歌い合ったシーンのまんまだね、と盛り上がりました。

撮影中に、二人で爆笑してしまったこともありましたね……。ツインズ(MIO・YAE)がスカートを持ち上げて「よろしくお願いします♪」と挨拶するシーンだったんですが、カメラに映っていないところで菱本さん(井川 遥)が同じ動きをしていたんです(笑)。笑いを必死にこらえていたら、同じように吹き出しそうな芽郁ちゃんと目が合って、二人で完全にツボに入ってしまいました。

漫画家としてではない、ユーコの“成長”を大切に演じたい

──ユーコが結婚して漫画家を辞める展開について、清野さんはどう感じましたか?

ユーコの漫画『5分待って』は、恋愛要素のあるシチュエーション・コメディー、という設定があります。漫画を描くことで忙しく、自分ではできなかった“恋”へのあこがれを、注ぎ込んでいたのかもしれませんね。その延長線上にあるのは、たぶん、幸せな家庭へのあこがれ。漫画に身を捧げるのではなく、家庭を持つという道は、ユーコが選ぶべくして選んだものに思えます。

私としては、秋風ハウスを出る日に鈴愛に言った、「キミ、頑張れよ!」「漫画。私のぶんまで、とは言わない。私の人生は私のもの。鈴愛の人生は鈴愛のもの。みんな、自分のぶんしか頑張れない」というセリフがすごく好きですね。これからも、鈴愛とは戦友であり親友なんだと思いました。
鈴愛は漫画家として頑張り、ユーコは幸せな家庭づくりを頑張るのかもしれません。少し先のお話には、ユーコに子どもが生まれて、鈴愛に「お母さんの顔になってる。いい顔」と言われるシーンも登場します。その顔からも、ユーコなりの“成長”を表現できればうれしいです。

2018(平成30)年度前期
連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送】平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>

【作】北川悦吏子

【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一 / 佐藤 健、原田知世、谷原章介 /
井川 遥、余 貴美子、風吹ジュン(語り)、豊川悦司、中村雅俊 ほか

【制作統括】勝田夏子

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事