“もうひとりの自分”がワンワンだと思っている

いないいないばあっ!

毎週月曜〜金曜[Eテレ]前8:25〜8:40

ワンワン、うーたん、ゆきちゃんたちと一緒に歌や踊りが楽しめる、乳幼児向け番組「いないいないばあっ!」。1996年に放送を開始し、今年でなんと23年目! 子どもたち、そしてお父さんお母さんたちに絶大な人気を誇っています。

今回は、これまでず〜っとワンワンを演じてきたチョーさんにインタビュー。番組について思うこと、自分自身のこと、あれこれお聞きしました!

──番組も23年目、これまでを振り返ってのご感想からお聞かせください。

あっという間でしたね。スタートしたのが、ついこの間のようです。 ありがたいですね。
この番組がこれまでずっと愛されてきたのは、番組の主役が赤ちゃんだからではないかと思います。スタート当初から、赤ちゃんたちの自由奔放な姿は一貫して変わらないんです。

番組に登場するアニメの声も、ほとんど小さな子どもたちの声です。声優の仕事もしている僕なんかは、「こうしよう、ああしよう」と考えながらやりますけど、子どもたちにそんな意識は一切なくて、ただ言われたとおりに言葉を発している。僕はその、なんともいえない素朴さが大好きなんです。心から癒やされるんですよね。

──放送開始からずっとワンワンとともに歩んでこられましたが、チョーさんにとってワンワンはどんな存在ですか?

“もうひとりの自分”ですかね。分身のような存在というか……。いつも思っているのは、教育番組だけど、ことさら“教育的”なものにはしないでおこうということ。番組に登場する自由奔放な赤ちゃんにできるだけ近づきたいという思いで、ありのままの心であろうと。そういう意味では、いろんなものを取っ払った“もうひとりの自分”がワンワンだと思っています。

──全国各地で開催しているステージショー「ワンワンわんだーらんど」で、実際に視聴者の方々に会って感じることは?

テレビだけだと、お便りはいただいても視聴者の皆さんと時間をともにすることはできないですよね。でも、ワンワンわんだーらんどなどのイベントでは、子どもたちが家族とニコニコ笑っている姿を間近で見られる。それだけで『いいなあ、やっていてよかったなあ』って思っちゃいます。『これぞ、幸せ』というような家族の姿を見て、ともに時間を共有できることが本当にうれしいんです。

それに、面白いことがもうひとつあって。『ワンワン大好き!』と言っていた赤ちゃんたちも、幼稚園や小学生くらいになると、気恥ずかしさからか『赤ちゃん向けの番組なんて、見てないよ!』と離れていく。それが、中高生くらいになると『ワンワーン! 小さいころよく見てたよ!』と自分から近づいてくるようになるんですよね〜。

それくらいになると、自分から意見を言えるようになるんでしょうね。ハイハイしていた赤ちゃんと、成長した中高生たちがつながって、『こんなに大きくなったのかあ』とうれしくなってしまう。その子たちが自分の子どもを連れてイベントに来てくれたりなんかした日には、感無量ですよ。

──7/16(月)〜20(金)にはスペシャル番組が放送されるとか!北海道に行かれたそうですが、いかがでしたか?

特に印象に残っているのは、北見を訪れたときに見た、サロマ湖の景色です。沈む夕日が湖の上に映っていて、2つ見える。それがどんどん近づいていって、1つになって、すっと消えていって……。

まるで水墨画のようで、とても幻想的な風景でした。番組でも放送されるので、ぜひご覧いただきたいですね。

スペシャル番組では、北海道の大自然の中で思いっきり遊びます!

──お散歩好きのワンワンはいろんなところに出かけていきますが、チョーさんご自身はいかがですか?

行きたい場所が特にあるわけではないですけど、ロケなどで遠出したときはその地を10キロほど走ろうと決めています。泊まった場所から、毎朝違うコースを走るんです。そうすると、その土地に住む人々の人柄や息遣いが感じられる。そうやって走りながら、あれこれ空想するのが好きなんですよね。

思えば、僕が『たんけんぼくのまち』(NHK/1984年〜1992年放送)に出演したときから、そんな風になりました。街中を走りながら断片的に見た景色から、いろんなことを空想するのが楽しいんです。

実は、20歳の学生のころから、毎日走ることはずっと続けています。学生のころは部活動で持久力をつけるために走り始めたのが最初。俳優研究所に入ってからも、そういうトレーニングがあったので走りつづけていたので、今では癖になってしまいました。

ロケなどで遠出しない日も、ほぼ毎朝10キロ走ってます。作曲や作詞も好きなのですが、何かひらめくのは決まって朝のジョギングのとき。僕にとってジョギングは、空想の時間でもあり、インスピレーションを得るための貴重な時間でもあるんです。もちろん、体力維持のためでもありますけど(笑)

──では最後に、「いないいないばあっ!」をお子様と楽しみにご覧になっている視聴者の方々にメッセージをお願いします!

僕自身、少しでもお父さん、お母さん、そしてお子さんに寄り添って頑張りたいと思っています。だからみんなで、一緒になって泣いたり笑ったりしながら、その日その日を一生懸命生きていきましょうね、と伝えたいですね。

インタビュー中も元気ハツラツなチョーさん。これからもワンワンを通して、子どもたちとお父さん、お母さんたちを魅了し続けてほしいですね♪

7/16(月)〜20(金)放送の「いないいないばあっ!~2018年 なつスペシャル!」も、ぜひご覧ください♪

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事