長州 力、来島又兵衛 役で出演決定!

大河ドラマ「西郷(せご)どん」

7月22日(日)放送の第27回で描かれる「禁門の変」。
長州藩・遊撃隊の総督、来島又兵衛を長州 力さんが演じます!

来島又兵衛きじま またべえ 長州 力

《役柄》
来島又兵衛は、長州藩の過激な尊王攘夷じょうい派を率いて遊撃隊を組織した豪傑。
「八月十八日の政変」で朝敵とされた長州藩の復権と失地回復のために、京への進軍を藩内で猛烈に主張し『禁門の変』を引き起こした重要人物。長州軍の総督として、薩摩軍率いる総大将・西郷吉之助を迎え撃つ。

※長州 力さんは、大河ドラマ初出演となります。

長州 力さん コメント

はじめオファーを受けたとき、正直に言って、僕には無理だろうと思いました。長いセリフもあり、かなり悩みましたが、この年齢でやったことがないことをやってみようかなと思い、演じてみようと思いました。来島又兵衛は暴れん坊というイメージがあり、叫ぶセリフが多かったので、出来たのかなと思います。ただ、大声を出して練習できる場所がなく、お風呂場で夜な夜な練習をしました。地元・山口の方言セリフを言いますが、難しかったです。方言指導の先生に直されると余計に意識してしまうので、大変でした。戦いのシーンは、殺陣たての人に動きを合わせてもらいましたが、よろいがとても重くて、昔の人はこんな重い鎧で戦ったのかと驚きました。演技の中で、ラリアットをしてくださいと言われ、そんなことまでして良いのかと驚きましたが、そんなに緊張しなくていいのかと思いました。どのようにドラマを撮影しているのか興味があったので、こうやってドラマを作っているのかと、とても勉強になりました。
プロレスラーがなぜ大河?と思われる方もいらっしゃると思いますが、どのようにみなさんに感じていただけるか、反応を聞いてみたいです。

長州 力さんの起用について

制作統括・櫻井 賢

長州藩ゆかりの山口県のご出身で『革命戦士』とうたわれたプロレス界のレジェンド・長州 力さんを、来島又兵衛 役にお迎えすることは私どもの夢でした。
夢がかない、薩摩軍に迫る存在感あふれる来島又兵衛の戦闘シーンが撮影できました。
皆様、お見逃しなく!

【禁門の変とは】

元治元年(1864年)7月、長州藩と、御所の護衛にあたっていた会津藩・桑名藩・薩摩藩などが激戦を繰り広げた戦い。

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷せごどん」

【放送予定】毎週日曜[総合]後8:00 /[BSプレミアム]後6:00

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事