懐かしいけど表面的じゃない、生き生きとした音楽を!

連続テレビ小説「半分、青い。」

毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 / (再) 後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45 / (再) 後11:30~11:45

劇中の音楽を担当する菅野祐悟さんにインタビュー!

鈴愛や律と同じ目線で音楽の変遷を見てきた

──「半分、青い。」の音楽を依頼されて、どんなことを思いましたか?

僕は1977(昭和52)年生まれで、学生時代がバブル期の真っただ中でした。ドラマに出てきた「マハジャロ」のようなディスコにも行きましたし、当時流行していたユーロビートをはじめとしたクラブ・ミュージックも好きでした。鈴愛や律と近い世代である僕は、バブル期に限らず、80年代から現在までの音楽トレンドの変遷を、彼らと同じ目線で見てきた。その点を生かして、懐かしいけれど表面的ではない、生き生きとした音楽を作りたいと思いました。

気を付けたのは、時代の雰囲気を表現するにあたっての、音色との向き合い方でした。シンセサイザーなどは、扱い方によっては古くさく聴こえますよね。ですが、当時のかっこよさを実体験している自分ならば、時代の空気を醸し出しながらも、現代に合った良質な音楽をアウトプットできる。そう思って、「半分、青い。」ならではのサウンドを生み出そうと工夫を重ねています。今回は、ふだんの仕事ではまず選ばないような昔ふうの音色も、あえて使っています。

カメラがパンアップして鈴愛の前に青空が広がるイメージ

──最初にメインテーマ『Half of the Sky』を制作したそうですが、どんなコンセプトですか?

メインテーマは、そこまで時代感を押し出さず、幅広い世代に“青春”を感じてもらえるようなサウンドを目指しました。着想を得たのは、ビートルズをはじめとした60~70年代の洋楽ロックです。オルガンの音色にこだわり、スパイスとしてこじゃれた感じを足しました。

メインテーマには、登場人物たちへの“応援歌”という意味合いも込めています。僕の中では、コーラスが盛り上がってくるあたりでカメラがパンアップして(上を向いて)、鈴愛の前に青空が広がるような感じ(笑)。みんなが幸せになっていくイメージです。メインテーマのメロディーは、ほかの楽曲にも散りばめていますので、気にしてもらえたらうれしいです。

♪『Half of the Sky』

鈴愛の主観と視聴者の客観を共存させる作りに

──鈴愛や律のテーマは、どんなふうにイメージを膨らませましたか?

「半分、青い。」のメインキャラクターたちは、愛すべき変わり者ばかり。鈴愛と律も、不器用だけど天才肌なところがありますよね。変わり者らしいおかしみや、ピュアで愛らしい感じを表現したいと思いました。

『スズメのテーマ』は、かわいらしく前向きに、ちょっとだけぶっ飛んだ感じを目指しています。演じる永野芽郁さんの透明感から着想を得た部分も大きいですね。

♪『スズメのテーマ』

律のテーマ『リツ』は、佐藤 健さんのクールなたたずまいに影響を受けつつ、親近感も湧くようなバランスに。律はピアノを弾けるので、楽器はピアノがメインです。「半分、青い。」の音楽全体においても、ピアノは大きな軸の一つになりました。

♪『リツ』

鈴愛の明るいキャラクターは、さまざまな楽曲に影響しています。たとえば、サスペンス要素のある場面でかかる楽曲にも、ドラマがシリアスになりすぎないよう、ちょっとしたおかしみを入れました。ピンチな状況を表現しながらも、慌てている鈴愛の感情をむイメージですね。
恋愛に関しても、“胸キュン”一辺倒ではなく、恋愛模様を見守られているイメージをプラス。鈴愛の主観と視聴者の客観的な視点とを共存させるようなつくりにしました。

聴覚トリック(耳の錯覚)を取り入れた楽曲(『ふぎょぎょ』など)も制作しました。実際は同じ音階を繰り返しているのに、耳で聴いた時には音階がずっと上がっていくように聴こえてしまうという、耳の錯覚を引き起こす音作りです。ヘッドホンなどで聴いていただくと分かりやすいと思います。

♪『ふぎょぎょ』

地方から出てきた人が見た“大都会・東京”を表現

──【東京・胸騒ぎ 編】(漫画家編)で使われる楽曲に関しては、いかがですか?

東京のテーマ『TOKYO 90's』は、鈴愛や律がそうであるように、当時地方から出てきた人が見た“大都会・東京”という意識で作りました。埼玉に住んでいた当時の僕が池袋まで繰り出した、“大冒険”の記憶も生かしています(笑)。サウンド面では、当時らしいユーロビートと、それより少し前のディスコ・ミュージックを取り入れた形でしょうか。こうした楽曲を作る機会は少ないので、楽しかったですね。青春時代を少し思い出しました。

♪『TOKYO 90's』

秋風のテーマ『I am AKIKAZE』も、漫画家編を象徴する一曲かもしれません。鈴愛や律を上回る変わり者な感じを表現しました。ほかに秋風先生関連では、創作の神様が降りてきた瞬間をイメージした楽曲も制作しています。

♪『I am AKIKAZE』

この先の音楽がどうなるのかは、物語の展開次第。僕も続きが気になっています(笑)。作中の時代が現代に近づくにつれ、サウンド感も変化していくので、若い方も含めて楽しんでいただけたらうれしいですね。

2018(平成30)年度前期
連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送】平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>

【作】北川悦吏子

【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一 / 佐藤 健、原田知世、谷原章介 /
井川 遥、余 貴美子、風吹ジュン(語り)、豊川悦司、中村雅俊 ほか

【制作統括】勝田夏子

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事