鈴愛の人生はこれからも大きく動いていきます!

連続テレビ小説「半分、青い。」

毎週月曜~土曜 
[総合]前8:00~8:15 / (再) 後0:45~1:00
[BSプレミアム]前7:30~7:45 / (再) 後11:30~11:45

新しい人生を歩き始めたヒロイン・鈴愛すずめ。演じる永野芽郁さんにインタビュー!

鈴愛の心が全く読めないお芝居を目指しました

──漫画家として頑張ってきた鈴愛でしたが、描けなくなり、とうとう辞めてしまいましたね……。

大阪で律(佐藤 健)の奥さん(より子・石橋静河)を見てから漫画家を辞めるまでのエピソードは、私自身も演じていて苦しかったです。優しくフォローしてくれるユーコ(清野菜名)やボクテ(志尊 淳)に当たってしまうほど、鈴愛の心の中がぐちゃぐちゃで、自分でも何を言っているのか分からないような状態だったので……。
私としては、台本に書かれた「異次元にいる感じの鈴愛」「現実世界にはいない」といったト書きも参考にしながら、鈴愛の心が全く読めないようなお芝居を目指しました。黒い目でずっと同じ一点を見つめて、相手の言葉を頭や心で受け止めずに、ただただ返すような感覚でした。

そんな鈴愛とリンクしたせいか、演じた私自身も、このあたりの収録に関する記憶がほとんどないです。秋風先生(豊川悦司)とお別れするシーンや、仙吉じいちゃん(中村雅俊)に電話するシーンは、本当に大好きなんですけどねぇ……。あっ、でも、仙吉じいちゃんと電話するシーンで、カメラの横にいた岐阜ことば指導の尾関さんがすすり泣きしたことは覚えています(笑)!

ボクテとユーコは、鈴愛が生涯を通じて付き合う親友に

──秋風先生の弟子である3人すべてが、オフィス・ティンカーベルを離れる形になりました。それでも、交流は続いていきそうですね。

戦友、ライバルとして大変な時間を一緒に過ごして、生涯を通じて付き合う親友になりましたね! 演じる(清野)菜名ちゃんや志尊(淳)さんとも、そんな絆ができたと思っています。

それを強く実感したのは、ユーコのウェディングドレス姿を見に行くシーン。菜名ちゃんが、部屋に入ってきた私と目が合ったとたん、「鈴愛が入って来るのを見たら安心して涙出てきた」って泣き始めたんです。そんな菜名ちゃんに、こっちまで泣けてきて……。役としてつながっていることを実感して、すごく温かい気持ちになりました。

思い返せば、漫画家編の撮影に入りたてのころは、みんなでカケアミをひたすら練習していたなぁ。たまに、秋風先生のデスクの横にあるギターを弾いて歌ったりもしながら(笑)。鈴愛がオフィス・ティンカーベルを出た日には、劇中の3人も、軽トラに乗って歌ったり、海ではしゃいだりしていましたね──。
そのロケ現場で、菜名ちゃんと一緒にライブへ行く約束をして、このあいだ思いっきり楽しんできたところです。今度は志尊さんも含めた3人で、ドライブに行こうと計画しています!

秋風先生の大きな愛を感じました

──偏屈な秋風先生も、最後は深い愛情を鈴愛たちに注いでいた印象です。豊川悦司さんとのお芝居を振り返って、いかがですか?

未熟な私にも対等かのように向き合ってくださったのが、とても印象に残っています。豊川さんは、私がどんなお芝居をしても、全部受け止めて、きちんと返してくださるんです。
怒った鈴愛が窓から原稿を落とそうとしたときには、「芽郁ちゃんが自分に向けるムカついた表情がすごく好き」とおっしゃってくれて、私も自分の限界まで頑張ろうと改めて思えました。その逆の、秋風先生が鈴愛に絡んでくるシーンも、すごかったですよね! 失恋した鈴愛に笑顔で話しかけるシーンなんか、本当に変態だぁと思いました(笑)。

秋風先生の言葉に、鈴愛は動かされたし、私自身も学ばされた気がしています。最後には『いつもポケットにショパン』の生原稿までくれて……秋風先生の大きな愛を感じました。きっと秋風先生は、鈴愛が成長する中で欠かせなかった人。いま、豊川さんと井川さん(菱本若菜)が現場にいなくて、とってもさみしいです!

鈴愛は“逆プロポーズ”できなかったと思います

──【東京・胸騒ぎ編】(漫画家編)では、マアくん(中村倫也)や律との恋も描かれましたね。

こばやん(森 優作)のときは恋に恋した感じでしたが、マアくんには人としてかれて、最終的に「恋」になった感じでしたねぇ。つかめない人だけど、あの優しい笑顔には引き込まれました。鈴愛と律の二人が結ばれるべきだと悟って、マアくんが身を引いたのは、すごく切なかったです。

でも、肝心の鈴愛は、律への気持ちが恋だとはまだ気付いていなかった……。さやさん(古畑星夏)への「律は私のものだ!」という言葉が心の奥から出てきたときには、もう手遅れでした。「さよなら鈴愛」「バイバイ律」と言ってお別れする場面や、夏虫駅で再会して何でもない遊びをする場面には、ジーンときたなぁ。

鈴愛は、ボクテとユーコに「逆プロポーズしてやる、くらい思ってました」と話しましたが、たぶん、それは言葉だけ。それができるなら、夏虫駅で律が電車に乗る前に、気持ちを叫んでいたと思います。
鈴愛って強そうに見えますけど、そうでもないんでしょうね……。「律なら自分の気持ちを分かってくれる」と、どこかで思ってしまったのかもしれません。なんでも通じ合っていた昔とは、もう違う。あそこで二人が結ばれなかったのは、分かる気がします。

鈴愛の恋は、なかなか実らないですね。でも、【人生・怒涛どとう編】では新しい出会いがありますよ! 【東京・胸騒ぎ編】とは違う意味で鈴愛の人生が大きく動いていくと思うので、ぜひ楽しみにしていてください!

2018(平成30)年度前期
連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送】平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>

【作】北川悦吏子

【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一 / 佐藤 健、原田知世、谷原章介 /
井川 遥、余 貴美子、風吹ジュン(語り)、豊川悦司、中村雅俊 ほか

【制作統括】勝田夏子

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事