最新作も公開予定!
トム・クルーズのアクションがスゴイんです!

ミッション:インポッシブル シリーズ【坂本朋彦のシネフィル・コラム】

8月4日(土)[BSプレミアム]後1:30 ほか

トム・クルーズが情熱的にプロデュース!

トム・クルーズ演じる特別諜報員イーサン・ハントが実行不可能と思える任務に挑むスパイアクションといえば…、「ミッション:インポッシブル」(1996)。クルーズ自ら身体をはった超絶アクションで世界的な大ヒット、まもなく、最新作・第6作が公開されます。
第1作の公開は22年前、当時30代半ばのクルーズは初めて製作も手がけ、以降シリーズすべてをプロデュースしており、並々ならぬ情熱で取り組んでいることが感じられます。

テーマ曲が印象的な、往年の人気テレビドラマ「スパイ大作戦」をもとに作られましたが、物語はオリジナル。第1作は、D・コープ、R・タウン、S・ザイリアンと、ハリウッド最高の脚本家が担当しています。キャストも、フランスのエマニュエル・べアール、ジャン・レノ、イギリスのバネッサ・レッドグレーブ、クリスティン・スコット・トーマス、アメリカのジョン・ボイト、エミリオ・エステベスと、国際的な顔ぶれとなっています。

豪華監督陣のこだわりの演出に注目!

このシリーズ、もう一つの魅力は個性豊かな監督たち。第1作の監督はブライアン・デ・パルマ。「キャリー」(1976)「アンタッチャブル」(1987)など、その華麗な映像テクニックで熱狂的なファンをもち、とりわけヨーロッパで高く評価されています。この作品も、複数の登場人物の視点からの映像や、SFX・特殊メークを駆使した視覚効果など、デ・パルマ監督ならではの演出で、ハラハラドキドキの展開となっています。

4年後の第2作「M:I-2」(2000)の監督は、香港出身で国際的に活躍するジョン・ウー。ウー監督も「男たちの挽歌」(1986~)シリーズをはじめ、スタイリッシュなアクション演出で知られており、なかでもトレードマークともいえるのが、ハトと二丁拳銃。この作品でももちろん登場しますので、ご注目ください。

そして第3作「M:i:Ⅲ」(2006)は、これが映画監督デビュー作となったJ・J・エイブラムス。クルーズは、スパイアクションドラマ「エイリアス」で、エイブラムスの才能に注目し、監督に大抜てきしたということですが、今や「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015)はじめ、ハリウッドを代表するヒットメーカーですから、その先見の明にうなります。エイブラムスは、この作品以降プロデューサーを務め、シリーズに欠かせない存在となっています。

アクションはもちろんですが、随所にユーモアが盛り込まれているのも、このシリーズの大きな魅力です。何度見てもおもしろい、傑作エンターテインメントをお楽しみください。

【放送日時】
プレミアムシネマ「ミッション:インポッシブル」
8月4日(土)[BSプレミアム]後1:30~3:21

プレミアムシネマ「M:I-2」
8月11日(土)[BSプレミアム]後1:30~3:35

プレミアムシネマ「M:i:Ⅲ」
8月18日(土)[BSプレミアム]後1:30~3:36

そのほかの映画情報はこちら


坂本朋彦

【コラム執筆者】坂本朋彦(さかもと・ともひこ)

1990年アナウンサーとしてNHK入局。キャスターやニュースなどさまざまな番組を担当。2014年6月からプレミアムシネマの担当プロデューサーに。

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事