深田恭子が魅惑のフランスへお連れします!

スーパープレミアム「日仏友好160年 とことんフランス!魅惑の5時間SP」

9月15日(土)[BSプレミアム]後6:30~11:29

みなさん、ことしは日仏友好160年の記念の年だって知っていましたか?

BSプレミアムでは、女優の深田恭子さんをメインパーソナリティーに迎え、5時間にわたって“日仏祭り”を開催しちゃいます! 深田さん自らがパリへ出向き、新しいジャポニスムや日仏“食”のマリアージュをご案内。芸術家モネの家やベルサイユ宮殿も訪れ、フランスの魅力をたっぷりお伝えします。ほかにも、パリで大ブームの調理法や漫画などを現地在住の中村江里子さんと辻仁成さんが徹底取材。船越英一郎さんがナレーションを務めるフランス人の暮らしのドキュメントや、「世界入りにくい居酒屋」のフランス特集など、豪華コンテンツでフランスの魅力を味わい尽くします!

今回は、10代のころからフランスが大好きという深田恭子さんに、フランスロケの様子や番組の見どころを伺いました!

 モネの家には浮世絵がいっぱい!

──今回のフランスロケですが、すごいときに伺っていたとか?

そうなんです! サッカーワールドカップの開催期間中で、街は決勝戦が始まる前からすごく盛り上がっていました。フランスには10代のころから何度か行かせていただいているのですが、貴重な期間に行けて楽しかったです。お天気もすごく良かったですし!

──今回の旅では、どんなところを回られたんですか?

まずは芸術家のモネの家です。庭がとっても広くて美しかったのが印象的でした。たくさんの庭師の方がお手入れをされているんだそうです。

モネの家の庭にはこ~んなお花畑が!

驚いたのは、浮世絵の数です。あの時代にあんなに遠く離れた所から、浮世絵を集めるのは大変だったのではと思いました。ぜひ日本に来ていただきたかったですね。

──フランスで行われている文化芸術イベント“ジャポニスム2018”にも参加されたそうですね!

はい、いろいろな芸術を見たり体験させていただきました。19世紀に建てられたロスチャイルド館というところでは、「深みへ―日本の美意識を求めて―」展が開催されていました。そこにはあらゆる発想のものが展示されていて、縄文土器からインスピレーションを受けたドレスや、床アート、絵画などを拝見しました。

また、日本でも有名なデジタルアート“チームラボ”の展示も見に行きました。展示会場の周りには行列ができ、子どもたちもたくさん見にきていました。11メートルの高さから映し出されている滝から咲きひろがる花々がとてもきれいで、生命の流れのようなものを感じました。自分の人生は一瞬かもしれませんが、後の世代に美しい景色を残したい、美しい地球を残したいと思いました。

 人生初の食リポ!

──さらに今回は、深田さんの食リポも見られるんだとか?

人生初の食リポです……(笑)。日本の食材やお酒とフランス料理のマリアージュを体験させていただきました。シェフの方にお話を伺うと、多くのレストランの厨房には日本人シェフがいらっしゃり、その方たちをすごく信頼しているそうです。シェフの方たちは、どの方もお料理への情熱がすごかったです。

ジュリアン・デュマ シェフと深田さん。同じ30代ということで意気投合!

──ベルサイユ宮殿はいかがでしたか?

今回は、マリー・アントワネットが愛した日本の小物があると聞いて行ってきました。それが、日本の漆器だったんです。元々は母のマリア・テレジアが集めていたそうで、それを受け継いで大切に持っていてくださったそうです。私も間近で見させていただきましたが、繊細で今もなお美しい状態で残っていたんです。それも驚きでしたね。

ベルサイユ宮殿は何度行っても発見があって、ずっと私の憧れです。帰国してから、ベルサイユ宮殿も載っているお城の本を引っ張り出してきて読んだり、マリー・アントワネットがプリントされたお洋服を持って行かなかったことを後悔しているので、次フランスへ行くときはちゃんと準備をして、じっくりまわりたいなと思っています(笑)。

ベルサイユ宮殿の「鏡の間」にて

 真逆だからこそ惹かれるフランス

──今回の旅で、改めて感じたフランスの魅力は?

今回の旅では、ジャーナリストのフローラン・ダバディさんにもフランスの魅力を伺いました。ダバディさんは、「日本とフランスは共通する部分ももちろんあるけれど、真逆だからこそ惹かれる部分もあるのでは」とおっしゃっていたんです。ダバディさんは、夢のあるすてきな表現でフランスの歴史を話してくださったので、私もこれまでよりさらにフランスに興味を持つことができました。

サッカー日本代表トルシエ・ジャパンの通訳を務めたダバディさんと深田さん

──最後に番組の見どころを教えてください!

遠く離れた方々が、こんなに日本を愛してくださっているのがみなさんにも伝わるとうれしいです。フランスに行ったような気持ちになったり、行きたいという気持ちになったり、思いもしなかったような共通点が見つかったり、おもしろい発見がたくさんつまっている番組だと思います。

私自身、こういった番組に出演させていただくことがなかなかなかったので、食リポも経験がなく、どうなっているのか自分でも分からないです(笑)。お酒もいただきながらだったので、少しふわふわしているかもしれません(笑)。

【動画】はこちら↓

出演は、「テレビでフランス語」のナビゲーターを務めた渡部豪太さん、「世界入りにくい居酒屋」案内役の大久保佳代子さん、和久田麻由子アナウンサー、深田恭子さん、くまモン、パリと東京を行き来するジャーナリストのドラ・トーザンさん、ジャポニスム2018で「能×3D映像 YUGEN 幽玄」を演出した宮本亜門さん

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事