東出昌大と一緒に、悩みに効く本を選び出す!

推しボン!~あなたに効く!著名人の極上ブックガイド~

12月29日(土)[BSプレミアム]後1:00 ※再放送
初回放送:10月13日

読書の持つ力が再評価されている昨今。
NHKでは、よろずの悩みに答える一夜限りの書店が開店します!その名も、「推しボン!~あなたに効く!著名人の極上ブックガイド」。MCに俳優・東出昌大さん、編集工学者・松岡正剛さんを招いた読書エンターテインメント番組です。

ゲストは作家の朝井リョウさん、漫画家のヤマザキマリさん、そしてサバイバル登山家で作家の服部文祥さんの3人。それぞれこれまで読んだ本を持って来てもらい、彼らの本棚を探検していきます。

また、視聴者から寄せられた「悩み」に効く「究極の処方本」もご紹介します!

今回は、収録直後の東出昌大さんにインタビュー! 番組のことや、ご自身の読書スタイルなど伺ってきました。

 「本って楽しい!」と思える59分

──まずは収録のご感想をお願いします!

自分がこれまで携わってきた仕事のなかで、こんなにも「(全部オンエアできないなんて)もったいない!」と思ったことはないほど、素晴らしい時間を過ごすことができました。収録は1日がかりだったので、編集で59分になってしまうのがさびしいぐらいです(笑)。自分の無知と知識量の少なさ、読んだ本の少なさを痛感し、同時に出演者のみなさんの知識と熱量はもちろんのこと、「本」を語ることの奥深さも感じました。本当に楽しかったです。

──東出さんは本を読むことが好きと伺いました。本をテーマにしたこの番組のオファーを受けたときのお気持ちは?

単純に素人として本を楽しみ、読んでいただけだったので、畏れ多いという気持ちがあったのは事実です。けれど、だからこそ「何も知らない」ところから松岡正剛さんに疑問があったら聞くことができるし、本をあまり読まない方々にも寄り添うことができるのかもしれないと思いました。

──いまお話があった松岡さんとは今回が初タッグですね。どんな印象を受けましたか?

まさに「知の巨人」だなと。下手な例えをするならば、自分が「スターウォーズ」シリーズのジェダイにあこがれる町の青年で、松岡さんはマスターヨーダでしょうか…(笑)。僕はまだ修行すら始めていない身分、みたいな。お会いしたときにそんなことが頭をよぎりました。それから松岡さんは、これまでご自身が読んだ膨大な本の登場人物の名前や、細やかな描写まで語られていて、自分には想像できない脳の情報量に目からうろこでした。「こういう本がおもしろい」など色々紹介してくださったので、とても嬉しかったですね。どんな守備範囲でも全部拾って返していただける心強さ、安心感がありました。

──作家・朝井リョウさん、漫画家・ヤマザキマリさん、サバイバル登山家・作家の服部文祥さんの出演は、東出さんのご希望と伺いました。収録を通じて感じたことは?

今回ゲストのみなさんは、もともと本になじみのある達人です。みなさんたくさんの知識を披露してくださったので、ただ口をぽかんと開けているばかりでした(笑)。

左から朝井リョウさん、ヤマザキマリさん、服部文祥さん

番組ではそんなお三方に、それぞれが影響を受けた本で“本棚”を作っていただき、そこから1冊、特におすすめの「推しボン」をご紹介いただきました。
作っていただいた本棚は、きっと選んだ瞬間のお三方の心に寄り添っていたものです。だから1か月たってお話を伺ったら、もしかしたらそこに並ぶ本は変わっているかもしれない。いまは忘れていても、ふと思い出した本がまた加わってくるかもしれないと思うと、たぶん「おすすめの本」というのも移ろいゆくものなのだろうなと思います。そういうことも含めて、自分の本棚を改めて作ってみるというのは面白いと感じましたね。

 本は、知らない世界へ連れて行ってくれる

──収録が行われた松岡さんの事務所は、まるで図書館のようで圧巻でしたね。

事務所に足を踏み入れ、数万冊の蔵書を目にしたとき「時間は有限だ」と瞬間的に感じてしまいました。僕は本を読むスピードが特別速いわけでないし、本を1冊書く途方もない労力を経験したこともありません。さびしいことを言うようですが、自分がどれだけちっぽけでどれだけ人生が短いか、立ち並ぶ本のなかで直感しました。

約6万冊の本があるという、松岡さんの事務所で収録は行われました

──東出さんにとって「本」とは?

「知らない世界に連れて行ってくれる」のひとことに尽きるように思います。本から得たものは多いし、僕の血肉にもなっていると思うんですが、「置かれたことのない状況を体験させてくれる」ことが、本が持つ何よりの素晴らしさですね。

僕は台本も含め、本を読むことが仕事の一部にもなっていますが、普段の生活では家の中や移動中などに読書を楽しんでいます。本を買い求めるときは、表紙を見て選ぶ、いわゆる「ジャケ買い」をすることも。あと、個人的には直木賞という指標はすごいなと思っていて。受賞作品を何冊か読みましたが、どれもとても面白かったんです。だから直木賞受賞全作品を読んでみたいとずっと思っています。いつか実現させたいですね。

──最後に、番組のみどころを教えてください!

今日の長時間に及ぶ収録が、どんな59分にまとまるか現時点ではわかりませんが(笑)、ゲストの方々にも松岡さんにもすごくいろいろなことをお伺いしました。単純に僕自身が「本って楽しいんだ!」という原点に引き戻された収録でした。ですから、何にも気負うことなく番組をみていただけたら「本」が一体どんなものか、大体わかるんじゃないかなと思います。

ほぼ一日がかりとなった収録後のインタビューでしたが、じっくりと言葉を選びながら応じてくださった東出さん。「本当にとても楽しかったです」と充実した笑顔を浮かべていらっしゃいました!
東出さん、松岡さん、そしてゲストの3人がいったいどんな「本」トークを繰り広げるのか。どうぞお楽しみに!

推しボン!~あなたに効く!著名人の極上ブックガイド~
【再放送】12月29日(土)[BSプレミアム]後1:00

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事