スカパラがアニパラに!
「こち亀」両さんのバイタリティーを見習いたい

アニ×パラ ~あなたのヒーローは誰ですか〜 第4弾

◆アニメ本編
11月17日(土)[BS1]後6:45~6:50
◆テーマ曲バージョン
11月18日(日)[BS1]後6:45~6:50
そのほか、BS1、総合、Eテレで随時放送。

パラスポーツの魅力をアニメで伝える「アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか~」。
第4弾はゴールボール。「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下 こち亀)」とのコラボで競技の魅力を紹介します。

テーマ曲は東京スカパラダイスオーケストラが担当することが決定!

ゴールボールという競技と「こち亀」の世界観にぴったりのすてきな曲が出来上がりました。
作詞とボーカルを担当した谷中 敦さん、作曲を担当したキーボードの沖 祐市さんはお二人とも、もともと「こち亀」が好きだったそうです。

谷中:両さんにはあこがれる部分がありますね。人情味があるし、おまわりさんなのにちょっとずっこけているところもある。規範を逸しているところも多分にあるわけだけれど、なんか許されちゃうキャラクターだし。

両さんはバイタリティーがすごい。いろいろなものに“これおもしろいな”っていうアンテナをはって、それが続いて日本有数のマンガになったわけですから、見習いたいし、すてきだなと思いますね。

──ゴールボールと音楽、意外な共通点が!?

今回、テーマ曲版の撮影のため、アイシェード(目隠し)をつけたり、日本代表のプレーを実際に見たりしたスカパラメンバー。ゴールボールと音楽には通じるものがあると感じたそうです。

音を頼りにやるという点でゴールボールと音楽は似ていると思うし、チームプレーっていう部分でもバンドとすごく近いものがあると思いました。やはりお互いの息が合わないと絶対にできない競技だと思う。ほんの一瞬、呼吸が合わなかったりミスしたりすると、そこをすぐにサポートするというのが、ああ、これバンドとすごく近いところがある競技だなと思いました。

──曲のテーマは「余熱」。そこに込められた思いとは?

今回の歌詞はパラスポーツに限らずスポーツ全般、さらには何かに取り組むすべての人への思いを込めて作ったそうです。

谷中:物事に対して一度抱いた熱を、自分で再確認する作業って、新しく何かにチャレンジしたり、もう一度立ち上がろうとしたりするときにすごく大切だと思うんです。スポーツや何かを続けていくときに、途中で“これはダメかもしれない”っていうことがあると思うんですけど、そんなとき、一日の終わりに“これは無理かも”ってあきらめながら夕日を見ていて、それで砂浜を触ってみたらまだあたたかい……もし心の中に少しでも熱があったら、もう少し頑張ってみてもいいんじゃないかなっていう、そういう問いかけを込めた歌詞になっています。

■東京スカパラダイスオーケストラ プロフィール
ジャマイカ生まれのスカという音楽を、“トーキョースカ”と称して独自のジャンルを築き、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、南米と世界を股にかけ活躍。
2019年にデビュー30周年を迎える大所帯スカバンド。
自身の楽曲をはじめ、さまざまなアーティストとのコラボレーションで名曲を残している。

「アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか~」

【第4弾のあらすじ】
ゴールボール競技会場の警備を担当することになり、下見に訪れた両津をはじめとする派出所やかつしか署のメンバーたち。
ちょうど練習をおこなっていた日本代表チームとゴールボールのガチンコ対決! なんとか勝とうと、あの手この手を繰り出す両津だが……。

【放送予定】
◆アニメ本編
11月17日(土)[BS1]後6:45~6:50

◆テーマ曲バージョン
11月18日(日)[BS1]後6:45~6:50

そのほか、BS1、総合、Eテレで随時放送。

番組ホームページではアニメ全編だけでなく、オリジナルコンテンツ満載!

▶ アニ×パラ ~あなたのヒーローは誰ですか〜

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事