村上春樹の短編の世界をドラマ化!
3人の若者たちが織り成すミステリー

特集ドラマ「バーニング」

【放送予定】
12月2日(日)[BS4K]後9:00~10:35
12月29日(土)[総合]後10:00~11:35

【再放送】
1月12日(土)[BS4K]後11:05~前0:40(13日)

きっかけは村上春樹さんの思い

ドラマのきっかけは作家・村上春樹さんが2012年に書いた、新聞への寄稿文でした。

当時、尖閣諸島をめぐる問題、そして竹島の問題など、日中、日韓の領土問題が注目を集めていました。村上さんは朝日新聞への寄稿文(2012年9月28日)で、領土問題は避けて通れないイシューだが解決可能な案件であるとして、「我々は他国の文化に対し、たとえどのような事情があろうとしかるべき敬意を失うことはない」という静かな姿勢を示すことができれば、それは我々にとって大事な達成となる、と記しました。

この村上さんの思いをもとに始まったのが「アジアの映画監督が競作で村上春樹さん原作の短編の映像化に取り組む」プロジェクトです。
世界で最も多く読まれている日本人作家のひとり、村上さんの世界に、アジアの映画監督たちが挑み、映像化する。作家と監督の双方の、相手に対する敬意なくしては始まらない、「大事な達成」に向かう試みです。

プロジェクトの第一弾が、今回の特集ドラマ「バーニング」。原作は村上さんの短編小説『納屋を焼く』です。映像化に挑んだのは、韓国の映画監督、イ・チャンドンさん。カンヌ国際映画祭に出品された『ペパーミント・キャンディ』『シークレット・サンシャイン』『ポエトリー アグネスの詩』などで数々の受賞歴があり、「韓国の鬼才」ともいわれる、アジアを代表する映画監督のひとりです。

原作をもとに緊張感あふれる映像に

原作『納屋を焼く』が書かれたのは1980年代。監督のイ・チャンドンさんは舞台を現代の韓国に設定しました。監督は、原作を読んで、映画的な方法によって多層的なミステリーに広げることができると感じたそうです。

ドラマのストーリーには、原作を忠実に映像にしているように見える部分と、原作をもとに監督が大胆に物語を引っ張っている部分があります。

小説家を目指す青年が、同じ農村で育った幼なじみの女性と都会の片隅で再会する。2人はひかれあう。しかし、女性が旅行先のアフリカで出会った謎の男を男性に紹介したことで、3人の運命は複雑に絡みはじめる。ある日、女性と一緒に青年の家を訪れた謎の男は、夕暮れのベンチで秘密を打ち明けた。「僕は時々ハウスを燃やしています──」。そして……、というもの。

演じるのは、韓国の人気俳優ユ・アインさん、世界的スターのスティーブン・ユアンさん、大抜擢の新人のチョン・ジョンソさんの3人。

文章だけだと、原作と同様に謎だらけの話に見えますが、全編が不思議な緊張感のある映像。見ている自分がどこへ連れて行かれるのかわからないまま、あっという間にドラマの95分間が過ぎていきます。
村上春樹さん原作『納屋を焼く』の世界に挑んだ、イ・チャンドンさんの特集ドラマ「バーニング」。ふたりの真剣勝負の行方をぜひご覧ください。

(左)小説家を目指す青年ジョンス(韓国の人気俳優 ユ・アイン)
(中)スポーツカーを乗り回す謎の男ベン(米海外ドラマのスター スティーブン・ユアン)
(右)バイトで暮らす奔放な女性ヘミ(大抜擢の新人女優 チョン・ジョンソ)

「静かな姿勢」を示し続けていく

このドラマは4Kで撮影されました。BS4Kの12月の開局記念の特集番組として、12月2日(日)夜9時から放送されます。総合テレビでは年末の特集として12月29日(土)夜10時からの放送です。

吹き替えを担当したのは、柄本時生さん(ジョンス役)、萩原聖人さん(ベン役)、高梨 臨さん(ヘミ役)。緊張感あるストーリーを声の演技で盛り上げます。

また、このドラマの劇場版『バーニング』(148分)は、2018年の第71回カンヌ国際映画祭で高く評価され、国際批評家連盟賞を受賞しています。

「アジアの映画監督が競作で村上春樹さん原作の短編の映像化に取り組む」プロジェクトの第二弾では日本の映画監督が村上さんの短編に挑み、2020年度に放送予定です。そして第三弾では中国の映画監督の参加も検討中です。

「我々は他国の文化に対し、たとえどのような事情があろうとしかるべき敬意を失うことはない」という静かな姿勢。村上さんの思いが時をこえて、アジアの映画監督たちによってつながれていきます。

特集ドラマ「バーニング」

【放送予定】
12月2日(日)[BS4K]後9:00~10:35
12月29日(土)[総合]後10:00~11:35

【再放送】
1月12日(土)[BS4K]後11:05~前0:40(13日)

▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事