“きゃぴきゃぴ、キラキラ”俳優・市村正親に初密着!

BS1スペシャル「元気すぎる70歳 市村正親の秘密」

5月5日(日)[BS1]後10:00

長きにわたり日本のミュージカル界をけん引している市村正親さん。自身初となる密着取材で明らかになったのは、驚異の体力と集中力でした。

昨年ミュージカル化された黒澤明監督の名作「生きる」では、胃がんで余命わずかと悟った主人公が人生をかけて生きる意味を見いだしていく姿を熱演。舞台稽古をこなし、秘密のトレーニングも欠かさない超多忙な生活を送る、元気すぎるスーパー70歳の“元気の源”とは? 超ハイテンションな密着ドキュメントをお届けします!

そんな市村さんに「元気をもらった!」と語るのは、番組ディレクター。みどころや注目ポイントを伺ってきました!

 役作りへの姿勢

──実は、市村さんの密着番組というのは初めてなんだとか?

市村さんは数々の舞台や映画、ドラマなどに出演されてきました。これまで出演作に関する密着などはあったかと思いますが、ご本人への長期密着は初めてだそうです。始まりは昨年の4月から。べったり密着というよりは、コンパクトに数回にわたって密着させていただきました。

──番組では、市村さんのどんな姿が見られるのですか?

10月に行われたミュージカル「生きる」では、病気の主人公を演じられました。市村さんは、ふだんは行動も素早いですし、お話を伺ってもパッとお答えになりますし、とにかくとっても元気なんです。周囲の方からも、「病人役に見えない」と言われていて、ヨガやユニークなダイエットをしながら、独自の役作りをしていました。

ミュージカル「生きる」の稽古風景

なぜ市村さんが、多いときで年間150日以上も長時間の舞台に立っていられるのかというと、そのベースにあるのが市村さん独自の体作りです。驚いたのが、筋トレをしている姿。本当に70歳なのかと疑ってしまいました。そうやって密着をしているうちに、「なんでこんなに元気なんだろう」「なんでこんなにも周りにいる人を元気にするんだろう」と私自身、考えるようになったんです。

実際に、今70歳でも元気な方は多いですが、市村さんの元気さはレベルが違うというか(笑)。お話を伺っている間でも、突然足をポーンと頭より高く上げて見せたり、それが自然にできちゃう。ご本人もおっしゃっていましたが、ふだんも“きゃぴきゃぴ”していてとてもハツラツとしているんですね。ミュージカル俳優としても、一人の人としても、なんでそこまで元気なんだろうということをもっと知りたくなりました。

市村さん70歳のお誕生日!(左)/おちゃめにピースもいただきました!

 元気の源を探ろう!

──それで、“元気すぎる70歳”というタイトルになったんですか?

それもありますね。番組では、市村さんの筋トレをマネしてくださいとはとても言えないので(笑)、ご高齢の方にもマネができる筋トレもご紹介します。声帯の筋トレなんですけど、ご高齢になると声も出しにくくなるそうで、そこが衰えると食道に行くべきごはんが肺に入ってしまったりするそうなんです。

声帯は、一息で「あー」と声を出せる時間が15秒以下だと衰えていると言われています。試しに市村さんにやっていただいたら、大きく息を吸い込むこともせず28秒続いたんですね。やっぱりスーパー70歳は違うなと感じました(笑)。

こんなに足が上がるなんて~

 キラキラなパワーがみんなに伝わって

──番組を作っている中で印象的だったことはありますか?

市村さんとのやりとりは常に印象的でした。失礼があってはいけないと思い緊張して現場にお邪魔したら、とてもきさくな方で、年齢問わず誰に対しても同じように接してくださいます。また、役に真摯(しんし)に向き合っている姿もすてきでしたし、一方でオフの時間にお気に入りの喫茶店でお食事されている姿もおちゃめで(笑)

お話を伺って、周囲の人や物、一瞬一瞬をすごく大事にされている方だなという印象も持ちました。それから、気づいたらみんなが笑顔でいるなと思うことが何度もありました。市村さんのスタッフの方々はもちろん、密着中のカメラマンや音声マンもみんな笑顔になっていたんです。市村さんのキラキラとしたパワーに感化されて、本当に健康的な現場でした(笑)。

大好きな焼きそばを食べる市村さん

──最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします!

市村さんのすてきなところを詰め込んだ番組になっていますし、そばでずっと見守り続けているあの方にもお話を伺うことができました。先ほども言いましたが、笑顔になれる部分がたくさんありますので、そのままお届けできればいいなと思っています。

番組のナレーションは、加賀美幸子さんです。ぜひお楽しみに!

BS1スペシャル「元気すぎる70歳 市村正親の秘密」

【放送予定】5月5日(日)[BS1]後10:00

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事