もう22年前!世界中で大ヒットした豪華客船の悲劇

タイタニック【坂本朋彦のシネフィル・コラム】

4月29日(月)[BSプレミアム]後1:00

22年前、世界中で大ヒット、豪華客船の悲劇を描き、アカデミー作品賞はじめ11部門を受賞した作品といえば…、もうおわかりですよね。
ジェームズ・キャメロン製作・監督・脚本の超大作「タイタニック」(1997)です。

魅力的な俳優たちのケミストリー

1912年、イギリスからニューヨークに向け出港したタイタニック号。当時最新の技術を結集した豪華客船でしたが、氷山に衝突し沈没してしまいます。キャメロン監督は、その実話を徹底的なリサーチをもとに再現、そして、貧しくも夢を抱く青年ジャックと富豪の令嬢ローズとのはかない恋の物語を創作し、壮大なスケールで映画化しました。

ジャックを演じたレオナルド・ディカプリオは少年時代から俳優として活動し、「ギルバート・グレイプ」(1993)でアカデミー賞にノミネートされるなど、演技力が高く評価されていました。この作品で、日本でも“レオ様”という愛称で多くのファンを獲得、世界的な大スターとなりました。その後も、スピルバーグ、スコセッシ、イーストウッドといった名監督の作品に出演、「レヴェナント:蘇えりし者」(2015)でアカデミー賞を受賞しました。ディカプリオは、当初、出演に前向きではなかったそうですが、キャメロン監督は「グレゴリー・ペックやジェームズ・スチュワートのような役に挑戦しないか」と説得したということです。

ローズを演じたケイト・ウィンスレットも10代から俳優として活動、「いつか晴れた日に」(1995)でアカデミー賞にノミネートされ、演技派として注目されていました。撮影当時20代前半、堂々たる演技とディカプリオとのケミストリーが、この映画を大ヒットに導いたのだと思います。
ローズの現在を演じたグロリア・スチュアートは「透明人間」(1933)など、1930年代から数々の作品に出演し、一時演技から離れましたが、70年代から復帰し、この作品でアカデミー賞にノミネートされました。その後もヴィム・ヴェンダース監督の作品などに出演、2010年に100歳で亡くなりました。
また2年前に亡くなったビル・パクストンや、「エイリアン2」(1986)で鮮烈なデビューを果たしたジェニット・ゴールドスタインといったキャメロン作品常連の俳優も、うれしくなります。
キャメロン監督といえば、最新技術を駆使した映像表現で知られ、この作品も巨大なセットやVFXによる迫力の映像が印象的ですが、俳優の存在感も大きな魅力だと思います。

何度見ても、映画ならではの醍醐だいご味に魅せられる名作をお楽しみください!

【放送日時】
プレミアムシネマ「タイタニック」
4月29日(月)[BSプレミアム]後1:00〜4:16

そのほかの映画情報はこちら


坂本朋彦

【コラム執筆者】坂本朋彦(さかもと・ともひこ)

1990年アナウンサーとしてNHK入局。キャスターやニュースなどさまざまな番組を担当。2014年6月からプレミアムシネマの担当プロデューサーに。

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事