文豪・山本周五郎が紡ぐ
切なくて泣ける友情と絆の物語

スーパープレミアム「山本周五郎ドラマ さぶ」

2020年1月以降(予定)[BSプレミアム](単発ドラマ)

「だれだって1人ぼっちなんかじゃないんだ!」
江戸を生きる若者たちも、もがきながら生きてきた

昭和38年発表の『さぶ』は、20歳の青年2人が、社会の理不尽に押しつぶされそうになりながらも、友情を見失うことなく懸命に生きぬいてゆく物語。そこに描かれているのは、今も昔も変わることのない、幸せを求めてあがくひたむきな姿です。山本周五郎の小説の中でも人気の高いロングセラーで、これまでに幾度となく舞台化・ドラマ化されてきました。この時代小説の金字塔を、映画クオリティーに匹敵する4Kで新たに映像化します。

生一本な性格の「栄二」を演じるのは、杉野遥亮。その幼友達で、ぐずでお人よしな「さぶ」を演じるのは森永悠希。孤独や失敗に傷つき、生きづらさを感じる人が少なくない今。だからこそ見てほしい、生きる希望に満ちた感動作です。

スーパープレミアム「山本周五郎ドラマ さぶ」

【放送予定】
2020年1月以降(予定)[BSプレミアム](単発ドラマ)

【主演】杉野遥亮、森永悠希

【物語】
ヘマをして叱られ、奉公先の経師屋きょうじやを飛び出した15歳のさぶに、同い年の栄二が秘密を打ち明ける。「以前、帳場から金を盗んだのが見つかったけど、許してもらった。だから今は、心を入れかえて仕事に励んでいるんだ」と。
それから5年後、相変わらず失敗続きのさぶを「いつか一緒に店を持とうぜ」と励ます栄二。しかし、その栄二は、盗みのぬれぎぬを着せられ、人足寄場にんそくよせば(※)へ送られてしまう。「だれが俺にぬれぎぬを着せたんだ!」過酷な労働の中、心を閉ざした栄二は復しゅうを誓う。さぶが面会にきても会おうとしない。だが、一方のさぶは、罪人である栄二との関係をとがめられ奉公先をクビになっても面会をやめようとしない。
そんなある日、人足寄場を嵐が襲う。仲間と協力しながら寄場を守り、救出活動をする栄二は、人は見返りを求めない結びつきによって支えられていることを学んでゆく。果たして栄二とさぶの友情は復活するのか? そして、栄二を陥れた真犯人の正体とは?
※人足寄場…罪人などの更正を目的とした収容施設

【原作】山本周五郎『さぶ』

【脚本・演出】戸田幸宏

【制作統括】柴田直之、西村 崇、橋立聖史

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事