ファッション通販会社と「はじめしゃちょーの畑」を100台のカメラで観察!

のぞき見ドキュメント 100カメ

8月21日(水)[総合]後10:00~10:50
9月23日(月・祝)[総合]前11:00~11:50(再放送)

ひとつの現場を100台の固定カメラで観察する「のぞき見ドキュメント 100カメ」。撮影スタッフが現場にいないことで、いわば“素”の人間ドラマを描きだすドキュメンタリー番組です。

去年は、『週刊少年ジャンプ』編集部をのぞき見。今回は、第2弾としてネットを騒がす前澤友作社長率いるファッション通販会社と、人気YouTuberはじめしゃちょーと仲間たちがグループで運営する「はじめしゃちょーの畑」の2つの現場に密着します! 果たしてどんな素顔が映し出されるのか……。

第1弾に続き、番組MCを務めるオードリーの若林正恭さんと春日俊彰さんに、見どころを伺いました!

 予想をくつがえすシビアでリアルな素顔

──今回の100カメ映像を見た感想は?

若林:去年の『週刊少年ジャンプ』編集部のときも感じましたが、よく撮影を許してくださったなって(笑)。100台も固定カメラが仕掛けられていると、最初は多少意識していても、単純に隠しようがないって部分も大きいと思うんです。それをどうぞ見てください、って協力してくれるのがすばらしいですよね。

春日:そうそう。それに、通販会社さんだけでも計3651時間分の映像になったそうです。僕もバラエティー番組で、住んでいるアパートに固定カメラを数台つけられましたが、撮ったものを誰かが編集しているわけだからね。まず100台のカメラってだけでも大変なこと。NHK側もすごい忍耐力だと思いました。

──撮る方、撮られる方、互いの真剣勝負ですね。

若林:スタッフの方がカメラを手に目の前にいると、人間ってやっぱりどこかでお芝居が入っちゃう部分もあると思うんですよ。それが100台も設置されてるから、カメラの存在を忘れる瞬間もあるというか。その“素”の感じが今回もすごいリアルでした。だって、今回の皆さんも、最終的に見てて楽しいだけの表情じゃなくなっちゃっていますからね(笑)。

春日:「はじめしゃちょーの畑」のメンバーも最初は“イエーイ”みたいな勢いだったのにねぇ。すべてを見せてくれてありがとうございます!って感じですよ。

すべてを見せた!?「はじめしゃちょーの畑」のメンバー

──予想を超えた姿が今回もやはり……。

若林:通販会社にはスケボーの練習場があったり、私服がおしゃれだったりすることぐらいは、“まあイマドキの企業としてあるかな”って予想できたけど、販売戦略の変更に対するスピード力とかも見られて、あれは衝撃だったなぁ。すごい早いんですよ、そのスピードが。WEBならではというのか、時代を感じましたね。

春日:「はじめしゃちょーの畑」の皆さんにも、そういう意味でのスピード感はすごく感じましたよね。あと、アイデアを次々繰り出す感じとか、動画のアクセス数の“数字”にもすごく敏感だったしね。今、小学生が憧れる仕事の上位に「YouTuber」ってランクインしているらしいけど、これは子どもたちも見て震えるかもよ(笑)。

 仕事の現場はどこもシビアで大変!

──通販会社編では、前澤社長ご本人も登場します。

若林:会議の様子とかも出てきますけど、あそこはぜひ見てほしいなぁ。日本の企業の会議はどこも大変ですよ(笑)。僕も似たような経験あるんですけど、議論が進まないときの会議ならではの重苦しい空気ってあるよねぇ。あれはすごく共感しちゃった。

春日:100台のカメラがそんなところまで全部見てますからね。でも前澤社長は、やはりカリスマ性というかラスボス感あるなぁって思ってしまいました。考え方の鋭さとか、社員たちの提案に対するシビアな判断とか。あれは緊張しますよ。

通販会社って一体どんなことをやってるの~?

若林:あ!そういえば誕生日のプレゼント交換とかは社内のムードをよくするから、僕たちの会社でもやったほうがいいかなぁとか思っちゃったけど、どうかなぁ?

──お二人で誕生日プレゼントの交換をしたことは?

若林:僕たち中学時代から一緒なんですけど、一度もなくて。この間、はじめて春日から新婚旅行のお土産に「I LOVE PHILIPPINES(フィリピン)」って書かれたカップをもらったけど(笑)。あれ、春日じゃなくて奥さんが選んでくれたんでしょ。

春日:最初は奥さんと家で使おうと思ったんだけど、若林くんにも同じものをぜひ家で使ってほしいなって思って。心を込めて、ね。

若林:ちょっと困りますけどね(笑)。でも、きっとそういう気持ちがありがたいというか、僕たちオードリーもなんですけど、その“関係性”を見られる時代なのかなあって。

若林:「はじめしゃちょーの畑」の皆さんも、はじめしゃちょーと周辺の人たちの関係の中に生まれてくる物語にみんなが共感したりして、反響を生んでいく時代なのかなとも思いました。

春日:あああー、そうね。「はじめしゃちょーの畑」に出入りする「ゴッチ」と呼ばれる元お笑い芸人の彼とかねぇ。興味深かったです。あの空気を読んでいるのかいないのか……みたいなキャラがね。

若林:ゴッチくんはね、実は僕的には春日の若いころを思い出す部分あるのよ(笑)。もうこれはぜひ番組で、彼のすべてを見てほしいね。

こちらがオードリーのお2人が気になったという、元お笑い芸人のゴッチさん

──最後に視聴者にメッセージをお願いします。

若林:今回も予想を超えたおもしろさで、たぶん皆さんが思う通販会社とも、「はじめしゃちょーの畑」とも違う、リアルでシビアな姿がかいま見られるんじゃないかなと思います。僕たちもスタジオのモニターでぶっつけ本番で初めて映像を見て、毎回驚かされてしまう。それが「100カメ」のすごさだと思いました。

春日:今回、両方ともあまり詳しくない業界の話だったのですが、ものすごく引き込まれました。あと、個人的に初めて前澤社長のお仕事している姿を拝見できたことも印象的でした。どうしても月に行くとか、お年玉くれるとかのイメージが強かったですから(笑)。僕のように新たな発見があると思うので、ぜひ見てほしいですね。

貴重な映像の数々で、“現場”のリアルを映し出す「のぞき見ドキュメント 100カメ」。実際の現場で起こる予想を超えたリアルを目撃してください!!

「のぞき見ドキュメント 100カメ」

【放送予定】8月21日(水)[総合]後10:00~10:50

【再放送】9月23日(月・祝)[総合]前11:00~11:50

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事