「誤報」の被害者を救えるのか?「報道」の現在に迫る

プレミアムドラマ「歪(ゆが)んだ波紋」

11月3日(日・祝)スタート!
毎週日曜[BSプレミアム]後10:00~10:49(連続8回)

「誤報」を出した記者は「誤報」の被害者を救えるのか!
「プロの記者」が悪意で流した「虚報」の波紋は防げるのか!
メディアの渦中に生きる人々を描く社会派ドラマ

誰もが発信者になる現代だからこそ、職業的訓練を受けた「プロの記者」の必要性が高まっています。しかし「プロの記者」とて「人間」です。「人間」である限り必ず間違う。間違った情報を流せば、それは「誤報」となり、今日では、ものすごいスピードで日本全国、世界各地に一気に広まり、さらに個人個人が所有する端末上に半永久的に残ります。
「一つの誤報に巻き込まれた人の人生」は、徹底的に叩き潰される可能性も高まっています。
さらには、「プロの記者」のひとりが「誤報」ではなく故意に「虚報」を流そうとした際、その「脅威」は驚くべき速度で社会に広がり、その拡散を防ぐことは極めて困難です。

物語は、誤報を出してしまった新聞記者、大学同期のネットニュース編集長、過去の事件を洗う元記者、子育てに悩む女性記者といった、さまざまな“記者”たちの人生模様を、家庭の問題なども織り込みながら描き、「報道」の現在に迫る、スリルにあふれる社会派ドラマです。

【あらすじ】
地方新聞社・新神奈川日報記者の沢村政彦(松田龍平)の元に「ひき逃げ事件」の特ダネ情報が舞い込む。夫を亡くし悲しみにくれる妻、森本敦子(小芝風花)。その敦子こそが犯人である、という情報だ。
久しぶりの特ダネに政彦は勢い込む。だがそれは「誤報」だった。否、政彦の同僚・桐野(筒井道隆)が仕掛けた「虚報」である事を、大学同期のネットニュース編集長・三反園(松山ケンイチ)から指摘される。姿を消してしまった桐野を追う政彦。一方、かつて全国紙・大日新聞の記者で、政彦の父と盟友だった相賀正和(長塚京三)が政彦を訪ねてくる。相賀は同僚だった垣内智成(イッセー尾形)の自殺は、垣内が15年前に出してしまった「誤報」が原因ではないかと調べ始めていた…。

プレミアムドラマ「ゆがんだ波紋」

【放送予定】11月3日(日・祝)~12月22日(日)
[BSプレミアム]後10:00~10:49(連続8回)

【原作】塩田武士『歪んだ波紋』(講談社)

【脚本】向井康介(映画「聖の青春」で毎日映画コンクール脚本賞 NHK ドラマでは「植木等とのぼせもん」など)

【音楽】林ゆうき(NHK ドラマでは「あさが来た」「盤上のアルファ~約束の将棋~」 )

【出演】松田龍平、松山ケンイチ、小芝風花、山口沙弥加、勝村政信、勝矢、Juice=Juice、坂井真紀、
キムラ緑子、真野響子、美村里江、筒井道隆、角野卓造、イッセー尾形、長塚京三 ほか

【演出】佐々木章光、村上牧人、最知由暁斗

【制作統括】佐野元彦、金澤友也、髙橋練

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事