被災者の“心のケア”に奮闘しつづけた精神科医の物語

土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」

2020年1月18日(土)スタート
毎週土曜[総合]後9:00~9:49(4K 制作・全4回)

阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安 克昌あん かつまさ氏。手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。震災後の心のケアの実践に道筋をつけ、日本における PTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となりました。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描きます。

主人公の精神科医・安 和隆を柄本佑さんが演じ、妻役に尾野真千子さん、親友役に濱田 岳さん、兄役にはNHK ドラマ初出演となる森山直太朗さんが決定しました。阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマをお届けします。

安 克昌氏の遺族関係者への取材から得た事実を元に、人の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語として大胆に再構成し、人物や団体名改称した上で、フィクションとしてお届けします。また、安 克昌氏が書いた同タイトルのルポ/エッセイ集とは内容を異にするオリジナルストーリーです。

【あらすじ】
ジャズピアノはプロ級の腕前、レコードと読書をこよなく愛する“はにかみ屋”の若手精神科医・安 和隆(柄本佑)。 自分の居場所を探し続ける青年時代を送ってきたが、明るい妻・終子(尾野真千子)と出会い、同じ在日としての悩みを共にできたことでようやく心穏やかな日々を送る。第一子が誕生した直後、阪神・淡路大震災が起きる。精神科医としてできることは何か……模索の日々が始まる。和隆は被災者に寄り添い話を聞き続ける中で、精神科医にできることは、被災者を治療することではなく、治癒力を回復させる手助けをすることだと気づいていく。その後、精神科医として見た被災地の様子を一冊の本にまとめ、学芸賞を受賞。明るい兆しが見えはじめた、39歳のある日、がんが発覚する。

柄本 佑 コメント

現在、桑原亮子さんのホンが3話まで手元にあります。桑原さんの描かれる登場人物は皆、文字という2次元の世界で3次元的に苦しんだり、悲しんだり、喜んだり、生き生きと躍動しています。そんな脚本に出会えた事に興奮しています。10月より安達もじり監督たちと共に安 克昌さんを探す旅がいよいよ始まります。愚直にまっすぐ、安さんの人生を生きていこうと思います。頑張ります。

【精神科医・安 克昌あん かつまさ氏 プロフィール 】
1960年大阪市生まれ。神戸大学附属病院精神科勤務を経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務める。阪神・淡路大震災直後より、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行う。震災一年後に臨床報告としてまとめた「心の傷を癒すということ~神 戸・・・365 日~」で第18回サントリー学芸賞を受賞。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の若き研究者として治療活動に尽力するも、2000年12月死去。共訳に「多重人格性障害ーその診断と治療」などがある。

土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」

【放送予定】2020年1月18日(土)スタート
毎週土曜[総合]後9:00~9:49(4K 制作・全4回)

【出演】柄本佑、尾野真千子、濱田岳、森山直太朗、趙珉和、浅香航大、上川周作 / 濱田マリ、平岩紙 / 石橋凌、キムラ緑子、近藤正臣

【作】桑原亮子

【音楽】世武裕子 (映画『日日是好日』『生きてるだけで、愛。』・連続テレビ小説「べっぴんさん」など)

【制作統括】城谷厚司

【プロデューサー】京田光広、堀之内礼二郎、橋本果奈

【演出】安達もじり、松岡一史、中泉慧

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事