「ダビンチは何者だったのか」
没後500年の今年、天才の謎に徹底的に迫る

NHKスペシャル シリーズ ダビンチ・ミステリー ほか

サカナクション・山口一郎が解き明かす、ダビンチ・ミステリー!

万能の天才でありながら、人類史上もっとも謎多き人物とも言われる、レオナルド・ダビンチ。2019年は没後500年にあたります。パリのルーブル美術館では10月よりこれまでにない規模でダビンチ展が開催されるなど、世界中でダビンチブームが巻き起こっています。

NHKスペシャルでは、ナビゲーターの山口一郎さんがルーブル美術館の「ダビンチ展」へ。2本シリーズで天才の謎を解き明かします。

NHKスペシャル ナビゲーター・山口一郎さん(サカナクション) コメント
なぜこんなにモナリザに魅了されるのか。なぜこんなにダビンチの思考に心が動かされるのか。そこにはダビンチがもがき苦しんだ「質量」のようなものが宿っているからだと思います。苦闘の末に つかみとった世界は、いつも新しい。令和の時代に、ダビンチがどんなメッセージを伝えてくれるのか、僕も楽しみです。

【NHKスペシャル シリーズ ダビンチ・ミステリー】

第1集「幻の名画を探せ~最新科学で真実に迫る~」

11月10日(日)総合後9:00

11月30日(土)BS4K後5:00(特別版)

第1集は、絵画の内部を透視し、描かれたプロセスを再現できる最先端の科学技術で、モナリザをはじめとするダビンチ絵画に秘められた数々の秘密に迫る。実は、ダビンチが深く関与し「本物」だと考えられる絵画は、わずか14点しか現存が確認されていない。あらゆる芸術作品の中で、ダビンチの絵画は特別に貴重なものなのだ。そのため、「ひょっとすると、まだ見ぬダビンチ絵画がこの世界のどこかに隠れているのではないか」と人々は取りつかれたように、まだ見ぬダビンチの絵画を探し続けてきた。今回、特別の許可を得て、ルーブル美術館を始めとする世界最高の専門家たちが極秘裏に行った、ダビンチ作の可能性が高いとされる一枚の未確認絵画の徹底調査プロジェクトに3年間にわたって密着。そこから、驚くべきことが次々に解明された。果たして、私たちは「ダビンチの新作発見」を目の当たりにすることができるのか。

▶ 番組ホームページ

第2集「 “万能の天才”の謎〜最新AIが明かす実像〜」

11月17日(日)総合後9:00

11月30日(土)BS4K後5:50(特別版)

第2集は、希代の芸術家でありながら、医学、生物学、物理学、工学…あらゆる学問に精通していた「万能の天才」の秘密に挑む。芸術と科学、二つの巨大な領域をこれほど自在に渡り歩いた人物は、一体、何者なのか? 番組では、ダビンチが思考の過程を記した膨大な“手稿(codex)”を入手。世界で初めてAI解析を行い、いわばダビンチの「知識のネットワーク」を再現する。ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズら、現代を代表する「天才」たちの憧れであり続けるダビンチ。右脳的世界と左脳的世界を結びつけ、圧倒的な成果を生み出したその人物像を通して、人間の持つ可能性に迫る。

▶ 番組ホームページ

4Kの高画質映像で! ダビンチの謎に迫る

NHKスペシャル以外にも、最先端技術を駆使して、謎だとされてきた若い頃のダビンチの素顔を初めて3次元で復元するというプロジェクトや、作家・伊集院静さんが、ダビンチの謎にとことん迫る紀行番組まで、さまざまな角度からダビンチの謎に迫る番組を、BS4KほかNHKのチャンネルで放送します。

  

【レオナルド・ダビンチ番組一覧】

「天才ダビンチ 500年目のミステリー」

11月4日(月)総合後2:30

11月4日(月)BSプレミアム後4:20

11月3日(日)BS4K後3:30

世界一有名な画家にして、多岐にわたる学問を究めた万能の天才、レオナルド・ダビンチ。没後500年の今年、パリのルーブル美術館では、これまでにない規模でダビンチ展が開催されるなど、世界中でダビンチブームが巻き起こっている。「11月のNHKは“ダビンチ月間”」と銘打ち、お届けする番組の中から、とっておきの内容を一足お先にご紹介。ゲストは、麒麟の川島 明さんと、中川翔子さん。没後500年経ってなお残された、ダビンチの数々の謎をひもといていく。


ETV特集「伊集院静 ダビンチをめぐる冒険」

11月9日(土)Eテレ後11:00

11月21日(木)BS4K後8:20

作家・伊集院静が、ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダビンチの素顔に迫る! 若い頃から、ルネサンスの絵画に魅せられ、時空を超え、画家と「対話」することをライフワークにしてきた伊集院さん。ダビンチの絵には、なぜ未完の作品が多いのか? そしてダビンチが追い求めた女性の美とは? ダビンチ没後500年を機に、フィレンツェ、ミラノと、ダビンチの足跡を旅し、その絵に隠された秘密を手がかりに、人間ダビンチの苦悩と葛藤に迫る。


これが“天才”の素顔か ダビンチ「幻の肖像画」

11月4日(月)BS1後11:00(44分版)

11月16日(土)BSプレミアム後2:30

11月10日(日)BS4K後7:00

モナリザを描き、建築や解剖学も極めた“万能の天才”ダビンチが亡くなって500年。ある収集家の自宅に保管されていた「ルカ―ニアの絵」は、世界の美術界の注目を集め、美術史家や科学者らによる分析がフィレンツェをはじめ欧州各地で行われた。顔料から年代を特定し、残された指紋を解析。最新の3D技術で、巨匠ダビンチの素顔を初めて3次元で復元! 近代芸術が花開いたルネサンス時代へと、アート・ミステリーを探る旅。


世紀の大発見か ダビンチ「もう一枚の油絵」

11月24日(日)BSプレミアム後3:00

11月16日(土)BS4K後7:00

2年前、ある収集家がパリの修復アトリエに一枚の油絵を託した。作業に取り掛かった熟練の修復家は腰を抜かした。「これはダビンチの油絵に違いない」と直感したのだ。もしそうなら、現在わずか14枚しか見つかってない桁外れに貴重なダビンチの油絵に、もう一枚が加わる世紀の大発見になる。そこでルーブル美術館を始めとする欧州の専門家が最新科学技術を駆使する徹底調査が、極秘裏に始まった。NHKとフランスの国際共同制作番組。


「解読!ダビンチが描く世界 Decoding Da Vinci」

11月9日(土)BS4K後8:00

レオナルド・ダビンチが、なぜ美術史上これほど重要視されているのか? ダビンチは、それ以前の固定された構図から絵画を解放し、絵画に徹底したリアリティを追求した。絵を描くということと、完璧への執念が、彼の作品の多くが未完に終わった理由とされる。ルーブル美術館の学芸員たちによる古い文献の再読と、最新技術の駆使により、彼の絵画へのアプローチが改めて明らかになってきている。


「ダビンチ 万能の男が見た世界」

11月23日(土)BS4K後7:00

“人類史上、最高の天才”と呼ばれるレオナルド・ダビンチ。その“手稿(codex)”を解析した事により得られた結果を元に、天才の“思考過程”や“視点”を再現。「なぜ鏡文字を多用したのか?」「なぜ飛行機のない時代に鳥観図を描くことが出来たのか?」「そもそも複数のジャンルに超越した“天才”が存在し得たのか?」…など、過去数百年に渡り、誰も解決することが出来なかった「ダビンチは何者?」の謎に迫る。


取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事