ムーミンを表現した、ファンタジックなスイーツ誕生!

極上!スイーツマジック

11月26日(火)[BSプレミアム]後11:00

トップパティシエが、ひとつのテーマに沿って新たなスイーツ作りに挑む番組「極上!スイーツマジック」。

11月26日放送回は、世界中で愛される「ムーミン」がテーマです!
武幸子シェフと堀江新シェフが、各々の感性を生かしてファンタジックなスイーツ作りに挑みます。

ゲストは、同作に登場するキャラクター“ミムラ姉さん”から芸名をつけたというほど熱狂的なムーミンファンである美村里江さん。
2人のシェフが考案したスイーツは、美村さんを満足させることができるのか!?

今回は、収録を終えたばかりの美村さんにインタビュー!

 ムーミンもスイーツも大好き!

──今回は、「ムーミン」をテーマに、2人のシェフが新作スイーツを考案しました。ゲスト出演が決まったときは、どうでしたか?

ムーミンファン歴かれこれ30年ですので、今日の収録を心待ちにしていました。もちろん、この番組の主役はお二方のシェフが考案されたスイーツではありますが、台本には「ムーミンについていろいろ話して欲しい」と書かれていたので、「ムーミンの魅力も幅広くご紹介できれば」とやる気十分で臨んだんです。ムーミンをあまりご存知ない方にも楽しんでいただければうれしいですね(笑)

──スイーツはお好きでしたか?

食いしん坊なので食べるものはなんでも好きなんですけれど、中でもスイーツはシェフによって全くカラーが違うので、奥深いなあと思いますね。実は今回、予習半分、趣味半分として、プライベートで事前にお二人のお店へ伺ったんですよ。どちらのスイーツも大変おいしくいただいたのですが、お店の雰囲気ひとつとっても、大きく違っていて。世界観の全く異なるスイーツを作られるお二人が、「ムーミン」という一つのテーマにどう向き合うのか、ますます興味がわきましたね。

──待望のスイーツのお味はいかがでしたか? 武幸子シェフのスイーツは、まるでムーミンのアニメの1シーンを切り取ったかのようでしたね。

武シェフは、ムーミンという作品が持つ“風情”を、お皿一枚で見事に表現されていました。一つのケーキと、それを見る視線を作ることで、あんなに広い空間を感じさせる。ある意味、舞台装置のようで、撮影スタッフの方が照明で月を作っていたのも素敵な演出でしたね。

武幸子シェフは、雪景色の中のムーミン屋敷をスイーツに。

ケーキには、ムーミンが冬眠前に食べている松葉をイメージしたローズマリーなどもあしらわれていて、細かな部分にもこだわりがたくさん。一口食べると、爽やかな酸味だったりやさしい甘さだったり、いろんな味わいが口の中に広がるんです。お見事でした。

──一方で、堀江シェフのスイーツは楽しさ満点でしたね。

堀江シェフは、発想が童話的です。「冬眠明けのムーミンに、何が食べたいかインタビューしてみた」というコンセプトには驚かされました。ムーミンのお腹を思わせる丸いフォルムもとてもかわいらしかったです。実はあの“お腹”、最後には想像もしなかったサプライズも用意されているんですよ! 誰もが子ども心に戻って、楽しみながらいただけるスイーツでしたね。

堀江新シェフのスイーツは、真ん中にムーミンのぽっこりまあるいお腹をイメージしたケーキが。

堀江シェフのスイーツには、フィンランドでよく食べられるパンケーキ2種類があしらわれているんです。クレープのようなふんわりとした食感のものと、堅い食感の厚い卵焼きのようなものでした。小説を読みながら、「ムーミンママのパンケーキってどんな味なんだろう」とずっと気になっていたのですが、今回、まさかそれを実際に味わうことができるなんて! お二方の創造性に驚きつつ、おいしく、私にとって、とても楽しい収録でした。

番組内には、現在BS4Kで放送中のムーミンの新シリーズ「ムーミン谷のなかまたち」のアニメ映像も登場します!

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事