レジェンド松下が、人気企業の面接室を実演販売!?

面接室へGO!

【一挙放送】3月8日(日)[総合]前3:05~3:25 ※土曜深夜〈各回4分/全5回〉

【初回放送】1月6日(月)、7日(火)、9日(木)、10日(金)、12日(日)
[総合]後11:45~11:49(4分番組) ※12日(日)のみ後11:55~11:59

就職活動まっただ中のみなさん。就活ってキツイですよね。何がいちばんキツイって、やっぱり「面接」。
初めての場所で、初めての人と話すなんて、緊張しないわけがない。緊張しかしない。
だから事前にお見せします。どんな部屋で面接が行われるのか? そこにはどんな光景が広がっているのか?

この番組を作るため、いろいろな企業の方たちに「難しいことは百も承知ですが、御社の面接室を見せてもらえませんか」って必死にお願いしました。
すると、「OK!」っていう企業が見つかりました! もちろんテレビ初公開です。

受付からどう面接室まで向かうのか? どんな広さの部屋で、どんな椅子に座り、どんな感じで面接官と向き合うのか? ぜ~んぶお見せしちゃいます。
紹介役をつとめるのは、実演販売士でおなじみのレジェンド松下さんです!
皆さんの就活に少しでもお役に立てれば幸いです。

レジェンド松下さんにインタビュー!

──「面接室へGO!」出演のお話がきたときはどう思いましたか?

僕が就活に成功している人間ではないので、僕でいいんだろうかという気持ちはありました。ただ、今までなかったものを紹介する実演販売の試みとして、番組のコンセプトはすごくおもしろいなと思います。

──ご自身の就活がうまくいかなかったのは、なぜだったと思いますか?

何もない状況なのに自信だけはあったんですよね。ノープランで行っていて、実際の中身は空っぽの人間だったんですよ。謙虚さもない。人の話を聞く態勢になってなかったのかなと思います。

──就活に大事なものは何だとお考えでしょうか?

ピュアな気持ちが大事なのかなと思います。実演販売を始めたときによかったのが、ゼロからスタートして一から学んでいこうという気持ちだったと思うんです。いきなり結果を求めるんじゃなくて、自分はダメな人間だけどゼロから積み上げていって実力をつけていこう、と思えたことが良かったのかなと思います。
最初からできる人間はあまりいないので、学ぼうとする意欲の強い人間のほうが、10年後、20年後に花開いているんじゃないかな。僕も今は面接官として会社に(志望者を)入れる側なんですけど、面接するときに見ているのは、その人がポジティブかどうかという部分だけです。周りに対してどういう影響を与える人間かというところを会話の中から見るようにしています。面接を受ける側は、気に入られようと思ってやってくるけど、会社としては、来たい人に来てほしいので、うそをつかないでそのままの自分を見せれば、入れる会社には入れるんじゃないかなと思いますね。

──商品を売り込むプロとして、自己PRの秘訣を教えてください

僕も「売らなきゃいけない」と思って実演販売すると緊張するんですけど、周りをよく見て、普通にしゃべって、求められている以上のことはしないようにするとあまり緊張しないんです。ありのままの自分でいる。普通の状態でしゃべれるのがいちばんいいのかなと思っています。
ものを売るときは、全員に納得してもらうような売り方をすると意外と売れなかったりするので、ポイントを絞るようにしています。ですから、面接で自分を売り込むときにも、面接官全員が納得するような自己PRをするより、「私はこういう分野のここに関しては強みがあるので、こういう場面においてはこういうふうに活躍できますよ」みたいに絞った売り方をしたほうが会社にとってもハマる気がします。たとえば面接官が5人いたら、その5人に100%気に入られなくていいと思うんです。100点の商品ってないですからね。だったら、自分自身なり商品なり、際立っている部分だけを売るほうがいいんじゃないでしょうか。

▷採用面接の様子(イメージ)
▷レジェンドさんが使っているテレビショッピングのスタジオで収録

──就活生の採用活動にアドバイスをお願いします!

実演販売って、同じことを何度もしゃべるんですよね。そうすると言葉がそぎ落とされていって、短い言葉でポンッとキャッチーな言葉が出てくるようになります。それを何度も続けていくと、類似した商品や新しい商品のときにもそれができるようになるんです。
採用の面接も落ちまくっていいと思います。面接官の前でしゃべってしゃべって、むだな言葉をいかにそぎ落としていくかという作業が大事だと思います。
落ちることも大事な経験ですね。実演販売をしていても、売れない商品は必ずあります。でもその売れなかった商品があとで生きてくるんです。そのときに考えたデモンストレーションが違う商品で生かせたりするので、「ムダなことなんて何もない」が僕の座右の銘です。もちろんそのときはヘコみますけどね、でも引きずる必要はまったくない。

──それでは最後に、就活生へのメッセージをお願いします!

逃げないでずっとやり続ければ、必ず道は開けるということを伝えたいです。落ちたからってダメではありません。
これから先、学ぼうとする意欲が強いかどうか。今はまだ何者でもなくていいから、その会社に入って私は成長するんだということをしっかり伝えられるといいと思います。
今は能力やスキルもなくて空っぽだけど、吸収力と伸びしろはあって、キャパシティーは大きいんだとアピールしてほしいです。

<レジェンド松下さん>
テレビショッピングで1枚数百円の掃除用クロスを1日1億8000万円売り上げ、店頭販売では10万円の電子レンジを1日150台売り上げた記録を持つ実演販売士。
これまでに1000以上のヒット商品の開発やプロデュースも手掛ける。

法政大学経済学部卒業後、マスコミ業界を中心に就活。
しかしことごとく失敗、挫折。当時は「この世の終わり」と感じる。
学生時代に野球場の売り子のアルバイトをしていたこともあり、実演販売士・和田守弘のもとに弟子入り。しかし2年間は全く売れずまたまた挫折…。そんな自分を支えてくれた、座右の銘は「ムダなことなんて何もない」

・学生時代はサッカー部。高校時代は横浜市選抜に選ばれたが、制服の着こなしがだらしないという理由で監督に辞退させられた。

・好きなアニメは「キン肉マン」。レジェンド松下の名前は、キン肉マンの「レジェンド超人」が由来。

・好きな食べ物は「ポテトサラダ&たけのこの里」。現在は痛風でプリン体の摂取を控えている。

「面接室へGO!」

【一挙放送】3月8日(日)[総合]前3:05~3:25 ※土曜深夜〈各回4分/全5回〉

【初回放送】
2020年1月6日(月)、7日(火)、9日(木)、10日(金)、12日(日)

[総合]後11:45~11:49(4分番組)
1月6日(月)「新日本橋駅徒歩2分」
1月7日(火)「目黒駅徒歩2分」
1月9日(木)「小倉駅徒歩25分」
1月10日(金)「新橋駅徒歩3分」
1月12日(日)「京橋駅直結」※放送日時変更。この日のみ後11:55~11:59

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事